デリカアドバイザー

デリカアドバイザーとは

 「デリカアドバイザー養成研修」は、惣菜専門店やスーパーマーケット、百貨店など惣菜売場のスタッフが、惣菜を調理・販売する際の注意点、衛生や食品表示等の食品法令、バックヤード・厨房での作業工程を通信教育で学ぶ研修です。
 現代の食生活に不可欠となった惣菜・弁当についての知識を持つことによって、商品の価値を理解し、自信を持って日々の業務に取り組めるスタッフの育成を目指しています。

デリカアドバイザーってなに?

Q.デリカアドバイザーの役割は?

A.惣菜を購入するお客様からの要望に応える「買い物サポーター」です。惣菜製造と小売販売の知識を身につけた「デリカアドバイザー」が働く店には下記のような「デリカアドバイザー」表示を掲示することができ、美味しさと一緒に安心を提供します。

Q.どんな人がデリカアドバイザーに?

A.スーパーマーケットや百貨店、惣菜専門店等の販売店舗で働く従業員、パートタイマー、 アルバイトの方々を対象にしています。販売に関わる皆様に受けていただきたいですが、リーダーを務める方には特に受講してほしい研修です。

Q.研修はどのように行われるの?

A.すべて通信教育で行われます。仕事の合間や自宅でテキストをしっかり読んで勉強し、2回あるマークシート式の添削問題に解答します。その結果をもとにさらに復習し、修了試験(マークシート式)に合格するとデリカアドバイザーに認定されます。

Q.実際にどんな勉強をするの?

A.惣菜の基礎知識、店舗で惣菜を調理・販売する際の注意点、衛生や食品表示等の食品法令、惣菜製造と小売販売の基礎知識を学びます。
バックヤードでの作業工程や商品の価値を理解し、自信を持って業務に取り組めることを目指しています。

デリカアドバイザーってなに?

デリカアドバイザーを取得された方が働くお店は、「デリカアドバイザー」表示を掲示することができます。

「デリカアドバイザー」表示の掲示イメージ1 「デリカアドバイザー」表示の掲示イメージ2

撮影協力:ミアクチーナ湘南辻堂駅前店