協会紹介

設立の趣旨

 食卓においしさと栄養を添える惣菜は、今や国民の豊かな食生活に欠くことのできないものとなり、その市場規模は9兆円にせまる産業となりました しかし、惣菜産業を支える企業の大半は中小零細企業で占められており、生産性を向上し良質・安全な惣菜を提供するためには業界の近代化・合理化が必要であり、これらの課題を解決するため昭和52年5月に任意団体日本惣菜協会が設立され、さらに昭和54年5月農林水産大臣の認可を得て社団法人日本惣菜協会となりました。
 日惣協の主要な活動は、業界が一致して次のことを遂行することにあります。

 1.惣菜企業の経営の近代化・合理化を図るための諸施策を推進し、経営力の充実した足腰の強い企業を育成すること。
  2. 常に消費者に良質・安全な惣菜を提供して、豊かな食生活の形成と食文化 の向上に寄与・貢献するとともに、惣菜に対する評価の高揚を図ること。
  3. 行政当局と密接な関係を保ちつつ、これに協力するとともに、また、業界 として必要な建議を行うこと。


会長メッセージ


生活者に必要不可欠な産業として

(一社)日本惣菜協会会長  佐藤 総一郎

 平成28年度通常総会および理事会におきまして、会長に選任されました、新潟県のサトウ産業㈱の佐藤総一郎でございます。堀会長の後任ということで大変重い責任を感じています。浅学非才の身ではございますが、過去偉大な先輩方が努めて参りました会長の職務に少しでも近づけるよう覚悟をもって邁進いたします。皆様方のお力添えをひとえにお願いする次第でございます。

 2015年の市場規模の見込みは9兆5,881億円となり、6年連続の成長を遂げております。前年比でも3.5%増となり、原料費や燃料費の高騰などの影響で多くの産業が低迷する中、堅調に推移しています。
 昨年はTPPの大筋合意とそれに伴う原料原産地義務表示の拡大や新たな食品表示基準や機能性表示食品の周知対応など、食品を扱う業界にとって大きな出来事がいくつもありました。そのような環境の中でも市場規模が拡大していることは、生活者のニーズが変化していく中、惣菜には高い期待が寄せられている事の表れだと考えます。その期待に応えるべく、更に誠実に生活者のライフスタイルの多様化に対応していく必要性を感じているところであり、また同時に、業界の健全な発展と山積する課題解決のために活動していかなければならないことを痛感しています。

 堀前会長におかれましては、「健康・地域・世界」というキーワードで様々な事業を行い、4年の間に、一般社団法人への移行やデリカアドバイザーの新設、中食2025(にーまるにーごー)の発刊、外国人技能実習制度「惣菜製造業」職種認定など、業界にとって非常に重要な事業を数々行われてきました。

 今後、協会が取り組むべき業界課題は様々ありますが、惣菜産業が9兆円を超え、生活者に必要不可欠な産業として今後もますます拡大していく中で、販売形態の多様化などの中食の定義の拡大の側面と、生活者視点での課題解決の側面からも、一団体としての活動にとどまらず、関係する業界団体及び、農林水産省をはじめ各行政機関と連携を強化して取組む必要があると感じています。
 また、協会に加盟する会員企業は年々増加し、現在約500社となりましたが、販売形態や事業規模など、多様な企業が混在しているため、会員が結束を強めていくことが益々重要になります。
 
 会員企業をはじめ、関係各位様の多大なるご協力をお願い申し上げまして、就任のご挨拶とさせていただきます。

(平成28年5月18日第38回通常総会「新会長就任の挨拶」より)


名称 一般社団法人 日本惣菜協会
所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町4-5-10 麹町アネックス6階
電話番号 03-3263-0957
ホームページアドレス http://www.nsouzai-kyoukai.or.jp/
創立 1977年5月
設立 1979年5月 社団法人設立認可
2013年4月 一般社団法人に移行(内閣府許可)
会員数 会員   314社
賛助会員 173社
協賛会員 42社
   (2017年5月9日現在)
支部所在地 8支部
(北海道、東北、関東、北陸、東海、関西、中国四国、九州)
役員等 組織図・役員

協会沿革

1977年
5月:任意法人日本惣菜協会創立
8月:機関紙「惣菜新報」第1号発行
1979年
5月:社団法人日本惣菜協会設立
6月:「弁当及びそうざいの衛生規範」(厚生省・食品衛生課長通達)発出
1991年
10月:日本惣菜協会綱領(スローガン)制定
1992年
12月:惣菜管理士資格審査証明事業(農林水産大臣認定)実施要領制定
1993年
2月:優良社員表彰実施要領制定
1999年
1月:惣菜管理士資格審査証明事業実施要領改正(協会独自事業となる)
2000年
3月:「食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法」(HACCP手法支援法)に基づく指定認定機関となる
2004年
5月:「惣菜白書」発刊
2008年
4月:「惣菜ホットニュース」メール配信開始
2009年
5月:協会創立30周年記念式典開催
2010年
3月:惣菜製造管理認定事業を開始
7月:惣菜管理士1万人を突破
2011年
6月:惣菜・弁当(持帰り)の情報提供ガイドラインの策定・公表
2012年
2月:ホームミールマイスター資格認定事業を開始
9月:惣菜管理士資格試験制度創立20周年記念式典開催
2013年
4月:公益法人改革により、一般社団法人に移行
10月:デリカアドバイザー資格認定事業を開始
2015年
3月:「中食2025」刊行
4月:外国人技能実習制度「惣菜製造業」職種認定
   日本惣菜協会が技能評価試験実施機関に認定
7月:「外国人技能実習生受入企業ガイドライン」策定
   惣菜管理士2万人を突破

現在の加盟企業(2017年 5月9日現在)

正会員(惣菜の製造・販売をされている企業)
                    314社

賛助会員(メーカー、卸売業、その他関係される企業・団体)
                    173社

協力会員(監理団体等の外国人技能実習に関連する事業者)
                     42社

日本惣菜協会パンフレット