協会行事

平成30年度 第2回 産地見学・商談交流会(宮城県)を開催しました

 2018年10月24日(水)・25日(木)に宮城県にて(一社)日本フードサービス協会と共催で平成30年度第2回目の産地見学・商談交流会を実施しました。今回は宮城県の全面的な協力により9箇所の視察と15社・団体の交流が行われ、外食・中食から31名が参加、そのうち協会からは9社13名が参加致しました。

 協会では中食産業と農畜水産業との取組を積極的に推進する為、定期的に農場現場や産地で交流会を実施しております。
 今年度2回目となる産地見学・商談交流会は、豊かな水産資源と立地特性を活用した土作りを重視した
「トマト」「青ネギ」の他に水耕栽培による「トマト」などの普段見る事の出来ない圃場を見させて頂き
農産物の試食も多く設けられました。震災から7年7か月、気仙沼地区の水産加工場では新工場が立ち並び、前浜の鮮度の良いサンマやサバ、メカジキ、サメなどの水揚げざれた魚を2次加工から3次加工まで処理する技術は、他の地区にはできない素晴らしい工場が出来上がっておりました。惣菜、外食向けに適した商品が数多く生産されていました。
現地の各企業では、より良い商品の発信に向けて尽力されています。

 商談会では、意欲的な15社・団体が参加し、自慢の農産物や加工品を展示PRしました。
(一社)日本フードサービス協会 赤塚副会長(㈱柿安本店 代表取締役社長)、宮城県副知事 河端 章好様、
㈱仙台水産 代表取締役会長(CEO)島貫 文好様に御挨拶頂きました。


 商談後の懇親会(試食会)では、当協会を代表して 東北支部長・理事の松本 昭雄  ㈱アイソニーフーズ福島 代表取締役社長が挨拶をしました。

☆産地見学の様子

☆商談会・懇親会(試食会)の様子

商談会の様子 (一社)日本フードサービス協会
赤塚副会長
宮城県 副知事 河端 章好様 ㈱仙台水産 代表取締役会長(CEO)
島貫 文好様
試食会 松本理事

【ニュースリリース】全国で3,777名が資格取得に向けて受講をスタート!! 2018年10月開講「惣菜管理士養成研修」

10月1日に下記のとおりニュースリリースを致しました。

全国で3,777名が資格取得に向けて受講をスタート!!
2018年10月開講 惣菜管理士養成研修

 一般社団法人日本惣菜協会(会長:佐藤総一郎 URL: http://www.nsouzai-kyoukai.or.jp)では、10月1日より、「惣菜管理士養成研修」を開講いたしました。惣菜管理士養成研修は、食産業に携わるすべての方に向けた業界の人材育成を目的として、食品の製造工程を通じて“食品に関しての総合的な知識”を体系的に学べる通信教育として認知が広まっております。
 惣菜管理士は、惣菜業が産業として発展するために人材育成が必要不可欠であるという業界からの要望を受け1993年から開始いたしました。惣菜製造業のみならず食に関連する様々な企業の皆様にも受講いただいており、今期の養成研修申し込みは、過去最高の3,777名(昨年対比100.8%)となりました。級別では、一級669名、二級1,036名、三級2,072名となりました。また、今回の養成研修には新たに84社(169名)の新規取り組み企業が増えているなど、人材育成の重要性が高まっております。

 社会環境の変化とともに惣菜・中食市場は10 兆円を超える市場(10兆555億円:『2018年版惣菜白書』より)に拡大し、消費者の要望の変化やそれに伴う技術開発、HACCP制度化による法改正など、市場を取り巻く環境には様々な変化がありました。この中食市場の拡大に惣菜管理士人材が少なからず貢献していることは、言うまでもありません。
 こうした変化を受け、食品産業に携わる多くの企業が人材育成の必要性を重視し、食品の基礎から専門的な知識を学ぶことができる“食のスペシャリスト”である惣菜管理士養成研修を活用していただいております。惣菜製造に関わる企業のみならず、食品メーカー、外食、給食、設備・機械、また卸や小売り等、多くの関係企業に受け入れていただき、現在は2,120社、25,000名以上の方々が惣菜管理士に認定され、その活躍の場が更に広がっております。

 (一社)日本惣菜協会では、1人でも多くの方に惣菜管理士としての知識を深めていただけるよう、仕事と学習の両立を全力でサポートして参ります。

PDFアイコンニュースリリース全文pdf

惣菜管理士に関するお問い合わせは 周東・前島(TEL:03-3263-0957)までお願い致します。

【11/13(火)開催】2018JFフードサービスバイヤーズ商談会と関東支部セミナーのご案内

2018JFフードサービスバイヤーズ商談会と
関東支部セミナー開催のお知らせ

 平素は協会事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、本年も昨年同様にJFバイヤーズ商談会と関東支部セミナーを同時開催いたします。

・日 時:20181113日(火)
・場 所:五反田TOCビル13階(東京都品川区西五反田7-22-17

2018JFフードサービスバイヤーズ商談会

        《展示会》10001700

   ※中食・惣菜コーナー出展会員企業(12社+日本惣菜協会)
    イケダ食品㈱・関東屋またの食品㈱・ミツイシ㈱・合同食品㈱・㈱マルハ物産
    アンリッシュ食品工業㈱・㈱みすずコーポレーション・㈱せんにち
    ㈱合食・四国医療サービス㈱・寿食品㈱・㈱せき

☆関東支部セミナー

  《セミナー》第一部 13301520

      ・講 師 エコア株式会社 代表取締役社長 宮澤 公栄 氏
      ・テーマ HACCPに沿った衛生管理の制度化について           

  《セミナー》第二部 15301650

      ・講 師 財務省及び国税庁よりお招きします
      ・テーマ 消費税の軽減税率制度について

  《懇親会》17001800

 2018年JFフードサービスバイヤーズ商談会、関東支部セミナーともに
 開催の詳細につきましては本ページ下部のファイルをご覧下さい。

 また、JFフードサービスバイヤーズ商談会につきましては下記URLから
 昨年度開催の報告書をご確認いただけます。

 【2017年JFフードサービスバイヤーズ商談会 報告書】
  http://www.jfnet.or.jp/contents/_files/pages/JF_Buyers2017_Report.pdf (外部リンク)

 

●お申込方法(下記2種類のお申込み方法があります。)

  ①ホームページからのお申込み
    ・バイヤーズ商談会
      http://www.jfnet.or.jp/form/event_buyer_2011/form.php (外部リンク)
    ・支部セミナー
      http://www.nsouzai-kyoukai.or.jp/2018_seminarform/  

  ②FAXまたはメールでのお申込み
    添付内3ページ目に、お申込み書がございます。
    必要事項をご記入いただきまして、お申込書内に記載の送付先までご返信ください。

  【開催概要・参加お申込書】

     

 

《問い合わせ窓口》
  一般社団法人日本惣菜協会 事業推進チーム 田中・笠原
  TEL:03-3263-0957   FAX:03-3263-1325
  E-mail: souzai-info@nsouzai-kyoukai.or.jp 

 

【支部活動】平成30年度支部セミナー開催のお知らせ

(一社)日本惣菜協会 平成30年度
支部セミナー開催のお知らせ

                                  一般社団法人日本惣菜協会

 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
 この度、各地の災害で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 今年度の支部セミナーは、HACCPに沿った衛生管理の制度化について」、「消費税と軽減税率」をテーマに、二部制で開催致します。※北海道支部を除く
 いよいよ「HACCPに沿った衛生管理の制度化」がはじまり、日本惣菜協会では、事業者が無理なくHACCP制度化を実施できるよう、手引書を作成しております。
<第一部>厚生労働省の食品安全行政講習会で行政職員に向けての講師や、当協会の手引書作成委員を務められておられますエコア株式会社 代表取締役社長 宮澤 公栄 氏に手引書作成委員の視点から見た惣菜製造のHACCPの制度化について、今後の対応や制度の概要をお話頂きます。
第二部>来年10月に予定されている消費税増税に伴う軽減税率制度について、対象範囲や「インボイス」の処理など具体的な税制度について、財務省及び国税庁から講師をお招きしてご講演頂きます。

また、今回の支部セミナーは惣菜管理士受講生の集合研修扱いとなります(※関東は除く)。
受講生の方は、受講生用マイページからお申込をお願い申し上げます。

 質疑応答時間もあり、大変貴重な機会となりますので、是非ご参加くださいます様ご案内申し上げます。

【テーマ】  第一部 「HACCPに沿った衛生管理の制度化について」対象:品質管理等管理部門ご担当者様
                 第二部 「消費税と軽減税率制度について」対象:経理・財務・システムご担当者様

【各会場開催日程】  

日程

支部

セミナー会場

講師

申込期間

10/30(火)

東北

ホテルモントレ仙台

第一部

エコア㈱ 代表取締役社長
                         宮澤 公栄 氏

各都道府県・保健所設置市、食品衛生監視員等の行政職員を対象にした、厚生労働省の平成30年度食品安全行政講習会の講師。その他各団体での講演・国際規格の審査・コンサルティング・環境プランニング・工場設計レイアウトなどの分野で全国的にご活躍されています

 

第二部

財務省及び国税庁より講師をお招きし、軽減税率制度について(①基本的な制度、②実務的な内容)・事業者支援措置(軽減税率対策補助金)についてご講演頂きます。(質疑応答有)

10/16(火)まで

11/6
(火)

北海道

ホテルモントレ札幌

10/23(火)まで

11/13(火)

関東

五反田TOCビル

※集合研修扱いとは
なりません。

10/29(月)まで

11/20(火)

東海

ホテル名古屋
ガーデンパレス

11/5(月)まで

11/29(木)

北陸

ボルファートとやま

11/15(木)まで

2/5(火)

九州

八仙閣 本店

申込期間前

2/19(火)

関西

ホテルマイステイズ
新大阪

申込期間前

3/5(火)

中四国

アークホテル岡山

申込期間前

 

  【平成30年度支部セミナー開催のお知らせ】

     

 

※年明け開催の支部セミナーにつきましては、12月頃に改めてご案内致します。

・お申込みはこちら(http://www.nsouzai-kyoukai.or.jp/2018_seminarform/)から

・惣菜管理士受講生の方はこちら(https://www.mypage.souzai.biz/souzai_web/james/mypage/login/)から

お問い合わせは事務局 田中・笠原(TEL03-3263-0957)までお願い致します。
FAX:03-3263-1325 / E-mailjs@nsouzai-kyoukai.or.jp

平成30年度 第1回 産地見学・商談交流会(青森県)を開催しました

 2018年7月18日(水)・19日(木)に青森県にて(一社)日本フードサービス協会と共催で平成30年度第1回目の産地見学・商談交流会を実施しました。今回は、青森県の全面的な協力により6箇所の視察と、17団体との交流が行われ、外食・中食業界から50名が参加、そのうち協会会員企業からは5社8名が参加致しました。

  協会では中食産業と農畜水産業との取組みを積極的に推進するため、定期的に農業現場や産地で交流会を実施しております。
  今年度最初となる産地見学・商談交流会は、豊かな水産資源と冷涼な気候と丘陵地の立地特性を活用し、特色ある農業を推進する青森県において開催致しました。土作りを重視した「長いも」「にんにく」「ごぼう」「ねぎ」「だいこん」のほかに、水耕栽培による葉物野菜等の大産地である十和田市、おいらせ町、三沢市をはじめ、全国に先駆けて「ほたて」のトレーサビリティシステムを導入した野辺地町、全国有数の生産量を誇るしじみ、シラウオ、ワカサギ等の魚貝類が水揚げされる小川原湖、さらには水産物の加工業務用対応では全国でも高い実績を持つ八戸地域等、それぞれ特色のある産地の訪問や交流を通して外食・中食産業の仕入・調達のヒントとして頂きました。
  訪問先は、日頃から農業経営に意欲的に取組む生産者・グループ等で、外食・中食企業をはじめ各流通分野との新たな取組みを目指しました。

  視察先では、普段見ることの出来ない圃場や加工場を見せていただき、黒にんにくやホタテ、シラウオ、しじみ、大根、ピーマン、人参等、農産物の試食の機会も多く設けられました。
  生産者の取組みや食材に対する深い愛情を感じると共に、出来が天候に大きく左右されるなどの苦労にも触れ、現場の生の声を聞く貴重な機会となりました。
  商談会は、青森県内のJA、生産者、農業法人、食品企業等、意欲的な17社・団体が参加し、それぞれ自慢の農産物や加工食品を展示PRする商談交流会を開催。会を通じて生産者、中食、外食といった垣根を越え、親睦を深め合いました。

商談会後の懇親会(試食会)では、中食業界の参加者の代表として、寿食品㈱安田会長に一言ご挨拶を頂戴しました。

次回は、1024(水)・25(木)日に宮城県にて開催予定です。

☆産地見学の様子

 

☆商談会・懇親会の様子

(一社)日本フードサービス協会
赤塚副会長
商談会の様子
寿食品㈱ 安田会長 懇親会の様子

   

【ニュースリリース】2018年「惣菜管理士」合格者は 3,132名

7月10日に下記のとおりニュースリリースを致しました。

2018年「惣菜管理士」合格者は 3,132名
~惣菜管理士取得者は全国で2,108社 25,463名に!~

  一般社団法人日本惣菜協会(会長:佐藤総一郎)は、6月26日から4日間、2018年惣菜管理士資格試験を全国9会場(札幌、仙台、大宮、東京、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡)で実施いたしました。今回は半年間の養成研修を修了された方と受験資格保有者を含め、3,763名が受験されました。7月5日に開催された惣菜管理士資格試験審査委員会を経て、一級 606名、二級 910名、三級 1,616名が合格し、3,132名を惣菜管理士として認定いたしました。全体の合格率は83.2%。これにより全国で活躍する惣菜管理士は 25,463名となります。

  惣菜管理士は、惣菜業が産業として発展するためには業界の人材育成が必要不可欠であるとして1993年に開始してから本年で26年となりました。この間、消費者のライフスタイルや人口動態は大きく変化しました。その変化に対応し、中食・惣菜産業も販売形態を変え、商品開発に注力し、市場は拡大してまいりました。
2017年の惣菜市場規模は10兆555億円(『2018年版惣菜白書』より)となり、中食は現代の食生活に欠かせないものとして、今後消費者から求められる期待や業界の役割はさらに大きくなってきています。

  このような背景をふまえ、食品に関する基礎知識から専門性の高い知識までを幅広く学ぶことができる惣菜管理士養成研修は、業界の人材育成をサポートする役割として年々期待が高まっています。食品産業全般に関わる知識を体系的に学ぶことができ、食品業界の人材育成として評価いただき、多くの方々が研修を受講されています。惣菜業はもちろん、食品メーカー、卸、外食、小売、機械メーカーなど幅広い業種で学ばれ、全国で2,100社以上の企業で取得されています。

・次回の惣菜管理士養成研修は、2018年10月から開講します。
・受講の申込みは8月1日~9月10日まで、webまたは郵送にて受け付けます。

PDFアイコンニュースリリース全文pdf

平成30年度第一回産地商談交流会(青森県)開催のご案内

<会員限定>


平成30年度第一回産地商談交流会(青森県)開催のご案内
《平成30年7月18日(水)・19日(木)》

 

  協会では、外食・中食産業と農畜水産業との取組みを積極的に推進するため、定期的に農業現場や産地での交流会を実施しております。今年度第1回目となる産地見学交流会は、豊かな水産資源と冷涼な気候と
丘陵地の立地特性を活用し、特色ある農業を推進する青森県において開催致します。

  土作りを重視した「長いも」「にんにく」「ごぼう」「ねぎ」「だいこん」のほかに、水耕栽培による
葉物野菜等の大産地である十和田市、おいらせ町、三沢市をはじめ、全国に先駆けて「ほたて」のトレー
サビリティシステムを導入した野辺地町、全国有数の生産量を誇るしじみ、シラウオ、ワカサギ等の魚貝
類が水揚げされる小川原湖、さらには水産物の加工業務用対応では全国でも高い実績を持つ八戸地域等、
それぞれ特色のある産地の訪問や交流を通して外食・中食産業の仕入・調達のヒントとします。

  訪問先は、日頃から農業経営に意欲的に取組む生産者・グループ等で、外食・中食企業をはじめ各流通
分野との新たな取組みを目指しています。

  ご多用中とは存じますが、外食・中食産業の仕入及び商品開発責任者の皆様にとりまして大変参考となる
有意義な機会
ですので、万障お繰り合わせの上、ご参加賜りますようお願い申し上げます。

  なお、今回の産地見学・商談交流会は、農水省の6次産業化サポート事業として、
(一社)日本フードサービス協会との共催の下、青森県農林水産部及び県内の農林水産業関係団体等の全面協力により実施致します。

申込締切:6月25日(月) ※会員限定

その他お問合せは増田までお願い致します。
詳細は別紙添付資料をご確認下さい。

<参考資料>

平成30年度第一回産地商談交流会(青森県)開催のご案内

 

【支部活動】平成30年度 第1回東海支部セミナーを開催しました

  5月30日(水)、「熱田神宮会館」において、平成30年度第1回東海支部セミナーを開催し、東海エリアを中心とした会員、地域の関連企業など約100名の方にご参加頂きました。

  平成29年11月より「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」が施行されました。新制度は旧制度から大きく変更点があり、実習実施者には、正しい理解の下で実習実施計画に沿った適切な技能実習を行うことが求められる点から、今回のセミナーを開催することと致しました。

  セミナーでは、酒井 益幸支部長(㈱ミノカン 代表取締役社長)のあいさつ、農林水産省 東海農政局 経営・事業支援部 地域食品課 課長 細川 仁 様の来賓あいさつの後、講演が行われました。講師には、
外国人技能実習機構 名古屋事務所 総務課長 山本 英輝 氏をお招きしました。セミナーは「新たな外国人技能実習制度について」をテーマに、改正された外国人技能実習制度について、申請手続きでの注意点や不正案件などを交えながら、これまでのご自身のご経験に基づいて最新情報もお話頂きました。セミナー終了後の懇親会には、終始和やかな空気に包まれながら、約80名の会員および関係者の親睦が図られました。

 

<セミナーの様子>

会場の様子 ご講演される 山本 英輝氏

酒井東海支部長 来賓の挨拶

【支部活動】第28回西日本食品産業創造展’18 に出展・九州支部セミナーを開催しました

 2018年5月23日~25日、マリンメッセ福岡にて、毎年恒例の【西日本食品産業創造展(主催:日刊工業新聞社)】に本年も日本惣菜協会九州支部として出展致しました。晴天に恵まれ、展示会には2万1千人を超える来場者が集いました。

  九州支部では、5月24日に西日本食品産業創造展において「ロイヤルホールディングスの目指す生産性向上策と働き方改革」をテーマに、ロイヤルホールディングス株式会社 代表取締役会長(兼)CEO菊地 唯夫 氏をお招きし、同社の目指すべき姿である「日本で一番質の高い“食”&“ホスピタリティ”グループ」に向けて、課題と取組について講演を頂きました。当日は約100名の方が参加し、参加者一同熱心に聴講されました。

  また、当日は第9回九州支部会議も同時に開催され、本部活動報告や平成29年度活動報告の他、参加企業が抱える悩みや働き方改革の取組について、ディスカッションが行われました。

講演の様子 ご講演される 菊地 唯夫氏

支部会議(平井九州支部長)

第40回 平成30年度 通常総会のご報告と新役員体制のお知らせ

 平成30年5月23日、新宿区のハイアットリージェンシー東京において、当協会の第40回 平成30年度 通常総会・優良社員表彰・記念講演・記念懇親会が開催されました。

 当日は、小野稔大臣官房審議官、林文部科学大臣をはじめ、620名という多くの方々にご出席頂きました。

 なお、通常総会および理事会におきまして、役員改選が行われました。
 新体制に変わり、今後も様々な協会事業を通して寄与できるよう邁進していく所存でございますので、今後とも格別のご支援ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

PDFアイコン理事一覧(2018.05.23~)   PDFアイコン懇親会式次第・新入会員一覧

 

◎協会新体制について

協会新体制

会長、副会長、理事及び監事(2018年5月23日~)

前列左より、栗田副会長、妹川副会長、平井副会長、佐藤会長、林副会長、上西副会長、黒田副会長、酒井副会長
後列左より、藤木専務理事、有村監事、藤岡監事、岩田理事、早野監事、杉本理事、松永理事、田中理事、池内理事、藤本理事、和田理事、松本理事 岡本理事 山崎理事
※欠席 今里理事

今里新理事 山崎新理事 岡本新理事
今里 有利 新理事 山崎 朝彦 新理事 岡本 卓也 新理事

 

◎講演会・懇親会の様子

記 念 講 演

記念講演 記念講演2
講師:太田 美和子 先生 講演会の様子

記 念 懇 親 会

佐藤会長挨拶 小野稔官房審議官 林文部科学大臣
佐藤 総一郎 会長挨拶 小野稔大臣官房審議官 林文部科学大臣
真喜食品 中日本エクシス 日本アクセス㈱ 佐々木社長
新入会員代表挨拶
㈱真喜食品
名畑 哲雄 社長
新入会員代表挨拶
中日本エクシス㈱
青山 忠司 社長
業界代表挨拶 乾杯
㈱日本アクセス
佐々木 淳一社長
中締 黒田会長 場内の様子
中締め 黒田副会長 場内の様子