食品に関する法律(三級科目6)

食品に関する法律、(別冊)食品衛生法

Cover3-6Cover3-6-2

食品を製造・販売するに際し、必要な衛生上の法律、あるいは製造者としての責任や食品残渣の環境への影響などを学習する。

はじめに

第1章 食品に関する法律
 Ⅰ 食品等に関連する法律の関係
 Ⅱ 法律、施行令、施行規則の制定のされ方
第2章 食品安全基本法
 Ⅰ 目的、定義等
 Ⅱ 基本認識
 Ⅲ 国・地方自治体・食品関連事業者・消費者の責務及び役割
 Ⅳ リスク評価、リスク管理、リスクコミュニケーション
 Ⅴ 行政機関の連携、研究体制の整備、情報の収集、表示制度の適切な運用等
 Ⅵ 食品安全委員会
第3章 食品衛生法
 Ⅰ 目的、国・都道府県等の責務、食品等事業者の責務、定義等
第4章  食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律 (食品リサイクル法)
 Ⅰ 法律制定の背景及び目的等
 Ⅱ 法の対象
 Ⅲ 食品の再生利用等を推進する関係者と役割
 Ⅳ 再生利用等に取り組むときの優先順位
 Ⅴ 義務と罰則
 Ⅵ 関連する条文
第5章 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)
 Ⅰ 法律制定の背景、基本、目的、定義
第6章 製造物責任法(PL法:Product Liability)
 Ⅰ 法の背景・目的等
第7章 食品表示法
 Ⅰ 食品表示法制定の背景
 Ⅱ 食品表示基準
 Ⅲ 不適正な表示に対する措置
 Ⅳ 差止請求及び申出
 Ⅴ 雑則
 Ⅵ 罰則(第17 ~ 23条)
第8章 資料(資料1 ~ 2)
 1 トレーサビリティーに関する厚生労働省通達
 2 食品等の規格基準
第9章 参考
 1 米トレーサビリティ制度
 2 牛トレーサビリティ制度

参考文献・引用文献