食品の衛生と安全(三級科目2)

食品の衛生と安全

Cover3-2

食品の安全性を確保するには、食品を通して起こる危害を十分理解する必要がある。この科目では、食品微生物、油脂の酸化、異物混入などについて解説し、食品による危害防止の方法として、洗浄・消毒等について学習する。

はじめに
1 食品の安全性についての考え方
2 本テキストで扱う内容

第1章 食品衛生行政と法規
 1 食品の安全を守るための法規
 2 食品安全基本法
 3 食品衛生法
 4 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
 5 農薬取締法
 6 感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律
 7 Codex
 8 行政機構
第2章 食品の汚染物質
 1 毒性の意味と生物濃縮
 2 農薬
 3 飼料添加物と動物用医薬品
 4 重金属
 5 PCB
 6 内分泌攪乱物質(環境ホルモン)
 7 ダイオキシン類
 8 カビ毒
 9 放射性物質
 10 食品由来の有害物質
第3章 異物とはなにか
 1 異物の種類
 2 異物混入の現状
 3 異物の混入経路
 4 異物混入の防止対策
 5 異物試験法
第4章 食品の変質
 1 食品の腐敗
 2 油脂の変質と防止
第5章 食品の変質防止
 1 洗浄
 2 殺菌
 3 食品の洗浄・殺菌
 4 施設・設備の洗浄・殺菌
 5 機器・器具の洗浄・殺菌
 6 油脂の変質防止
 7 変質油脂の毒性
第6章 食中毒
 1 食中毒の定義および発生状況
 2 微生物による食中毒
 3 化学物質による食中毒
 4 自然毒による食中毒
第7章 食品の安全をめぐる新しい問題
 1 BSE 問題
 2 遺伝子組換え食品
 3 放射線照射食品
 4 有機農産物、無農薬、減農薬等

おわりに
参考文献等
用語解説
索引