その他

「外食・中食における原料原産地情報提供ガイドライン及びQ&A」が作成されました

 2017年9月の食品表示基準の一部改正により、すべての加工食品の原料原産地の表示が義務化されました(2022年4月完全移行)。
 但し、外食や中食の容器入りでないものや店内加工品には、引き続き適用外とされましたが、事業者による自主的な取り組みによる情報提供は必要があることから、「外食・中食等食品表示適正化推進協議会」において、「外食・中食における原料原産地情報提供ガイドライン及びQ&A」が作成されました。

詳しくは下記WEBサイト(公益財団法人 食の安全安心財団のホームページ)をご参照ください。

http://www.anan-zaidan.or.jp/ (外部リンク)

 

2018年12月20日【小売業の多言語対応ガイドライン】発表

 小売業の多言語対応に関する取り組みは遅れ、訪日外国人より不満の声が上がり、小売業現場でも対応に苦慮する声が出ていました。これを受け2018年12月20日に小売業の自主的ガイドラインとして、【小売業の多言語対応ガイドライン】が発表されました。訪日ゲストの不満解消、満足度向上と小売業の国際的対応力向上、生産性向上のためにご活用ください。

詳しくは下記WEBサイトをご参照ください。

https://welcome.japan-retail.or.jp/low/   (外部リンク)

 

「初午いなり」販売イベント開催 ご協力のお願い

2月11日(月)は「初午(はつうま)いなりの日」
「初午いなり」販売イベント開催 ご協力のお願いについて

当協会の事業調査委員会では中食の中核団体として、2013 年より日本の食文化の伝承と普及推進を行っています。昔から稲荷神の使いである狐を祀るために供えられてきた伝統料理として親しまれる「いなり」と「初午の日」の普及推進を呼びかけ、会員の皆様にもお取り組み頂きました。

これまで初午の日は「新暦・旧暦」2 つの日程があり、毎年日にちが変動しておりました。

今回、(一社)全日本いなり寿司協会が「初午いなりの日」を「2 月11 日」に記念日登録したことを受け、業界全体で協力して普及推進させていくために今後は本取組みを「2 月11 日」にさせて頂き普及していくことにいたしました。

つきましては、関連する食品・商材等を扱われている企業様におかれましては、「初午いなりの日」に合わせた「初午いなり」販売イベントの開催ご協力をお願い申し上げます。また「いなり寿司」に限らず、油揚げを使った料理の普及を通して食品業界全体での普及に寄与できるよう取り組んで参ります。

事業者による共通のポスター、シールを無料配布しております。
共通販促ツールは1月31日(木)までにFAXにてお申込みをお願い致します。
【在庫が無くなり次第終了となります】

 

【事業の目的】
単身世帯の増加や女性の社会進出による調理の簡便化等により、家庭で調理をする機会が少なくなっています。中食業界は家庭食の代行業として、地域の人々の食生活を支える重要なインフラとなり、市場規模は10兆円を超える産業へと拡大して参りました。

しかしながら、それに伴いこれまで家庭内で受け継がれてきた「日本食文化の伝承」が失われつつあります。安全で美味しい惣菜の提供だけでなく、日本食文化の伝承もまた、中食産業が担う大きな役割であると考えます。

惣菜専門店、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、百貨店等の中食業界が一丸となり、売場から地域の方々に日本食文化の伝承や地域食材の普及に、寄与貢献することを目的にしています。

【「初午」、「初午いなり」とは?】
(1)初午とは、稲荷神が降りてきた事をお祝いする日(稲荷の誕生日)のこと。お稲荷さんの誕生日である初午にいなり寿司を食べると縁起が良いとされている。
(2)「いなり=稲が成る」と古来より五穀豊穣を祈願し、稲荷神の使いである狐を祀るため、油揚げやいなり寿司がお供えされてきた。
(3)稲荷神は生命の根源を司る神であり、古くから農業の守護神、商業、工業、殖産興業、交通安全、厄除、火防の神として広く崇敬されており、願いの数だけいなりを食べるといういわれがある。

 

【「初午いなりの日」が2月11日の由来】
稲荷社の本社である伏見稲荷神社のご祭神・宇迦御霊神(ウカノミタマ)が伊奈利山へ降りた日が和銅4年2月11日であったとされ、この日が初午であったことから、初午に全国で稲荷社を祀る風習となった。(出典:(一社)全日本いなり寿司協会/2017 年9 月に「初午いなりの日」を記念日登録)

 

【主  催】一般社団法人日本惣菜協会

【協賛団体】一般社団法人全国スーパーマーケット協会
一般社団法人全日本いなり寿司協会
一般社団法人日本スーパーマーケット協会
一般社団法人日本フードサービス協会
一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会
一般社団法人冷凍めん協会
一般社団法人和食文化国民会議
オール日本スーパーマーケット協会
公益社団法人日本炊飯協会
公益社団法人日本べんとう振興協会
全国製麺協同組合連合会
惣菜サミット
日本百貨店協会


【参考資料】共通販促ツール
初午の日の販売促進としてご活用いただけるよう、販促ツールとして店内掲示用の
ポスター(B3 サイズ:36.4×51.5cm)や、商品シール(サイズ: 38O)をご用意しております。

商品シールはきつねうどんやそば等、幅広くご使用いただけます。

 

【販促ツール協賛事業者】
オーケー食品工業㈱・松田食品工業㈱・㈱みすずコーポレーション

【販促物の申込み】*下記の何れかのメーカーに、FAXにてお申し込み下さい

オーケー食品工業株式会社       FAX:0946-22-1616
松田食品工業株式会社         FAX:06-6758-6680
株式会社みすずコーポレーション    FAX:026-228-3073

 

【添付資料】
「初午いなりの日」POP申込書(pdfファイル)

「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震災害義援金」募集について

 


平成301115

会員各位

一般社団法人 日本惣菜協会
会長 佐藤 総一郎

「平成30年北海道胆振東部地震災害義援金」募集について

 9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 この度の災害では、北海道胆振地方中東部を震源とする最大震度7の地震により、北海道に甚大な被害をもたらしました。協会会員におかれましても各社の工場や支社・店舗なども含め、多くの方々が被害にあわれていると存じます。
 政府の激甚災害対象にも指定され、未曾有の被害が出ている中、いまだに復興もままならない状況が続いております。(一社)日本惣菜協会では改めて被害の甚大さ、継続的支援の必要性があると判断し、

 平成30年北海道胆振東部地震災害義援金の募集を開始いたします。

 皆様の心よりのご協力ご支援をお願い致します。
 

募 集 要 綱

【募集要綱】

■期日   20181116日~2019228

■金額   11万円

【振込先】下記口座にお振り込みください

■金融機関 三菱UFJ銀行 麹町中央支店(015)

■口座番号 普通預金 0124075                    

■口座名義 一般社団法人日本惣菜協会 北海道胆振東部地震義援金口座

なお、上記口座に振り込みを郵便振替で支払った場合の半券(受領証)や銀行振り込みで支払った場合の振込票の控えをもって、税制上の優遇措置の適用を受けるための証明書類となりますので、大切に保管してください。

 皆様から戴きました義援金は、全て「北海道災害義援金募集委員会」へ拠出いたします。

また、各企業にて個別に実施する場合も、業界の支援活動として関係省庁へ報告させて頂きますので、協会までお知らせ頂けますようよろしくお願い申し上げます。                                                                

以上

問い合わせ先:一般社団法人日本惣菜協会 事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-5-10 麹町アネックス6F
Tel:03-3263-0957  Mali:souzai-info@nsouzai-kyoukai.or.jp

「食と農林漁業の祭典 ジャパンハーヴェスト2018 丸の内農園」(主催:農林水産省)が開催されました。

11月3日~4日の2日間、東京・丸の内仲通りで「食と農林漁業の祭典 ジャパンハーヴェスト2018
丸の内農園」(主催:農林水産省)が開催されました。

会場は、4つのエリアと特設ステージで構成され、食と農林漁業に関する様々な学び・体験ブースは連日
賑わいをみせていました。

2日目には、「ご当地グルメの地理学」出版記念として “惣菜”をもっと美味しくもっとおもしろく
プロジェクトの特別授業が行われました。

特別授業では、現役大学生の地理女子3名と(一社)日本惣菜協会 藤木専務による「まめぶ汁」や
「岩国寿司」についてのディスカッションや、食材の魅力や惣菜作りのワンポイントレッスンとして
惣菜にまつわるノウハウや耳より情報を、旬八青果店(㈱アグリゲート)様に伝授して頂きました。

http://www.nsouzai-kyoukai.or.jp/wp-content/uploads/2018/11/japan-harvest2018.png http://www.nsouzai-kyoukai.or.jp/wp-content/uploads/2018/11/japan-harvest2018.png
http://www.nsouzai-kyoukai.or.jp/wp-content/uploads/2018/11/japan-harvest2018.png http://www.nsouzai-kyoukai.or.jp/wp-content/uploads/2018/11/japan-harvest2018-1.png http://www.nsouzai-kyoukai.or.jp/wp-content/uploads/2018/11/japan-harvest2018-1.png

〈開催概要〉
■主催:農林水産省
■期間:2018年11月3日(土)・4日(日) 11:00~16:00
■会場:東京・丸の内仲通り
■公式Webサイト:http://tabeyo-kokusan.jp/japan-harvest2018/ (外部リンク)

 

【平成30年秋の褒章】林副会長が藍綬褒章を受章されました

11月2日、平成30年秋の褒章受章者が公表されました。

長年にわたり当協会の役員として業界発展に寄与したことにより、日本惣菜協会副会長の林 香与子氏
(㈱マルハ物産 代表取締役会長)が藍綬褒章を受章されました。
林氏は平成18年より同協会の理事を経て、平成27年から副会長に就任されています。

褒章伝達式は11月14日に行われ、終了後は皇居にて天皇陛下の拝謁が予定されています。


会員一同、心よりお祝い申し上げますとともに、ますますのご活躍、ご発展をお祈り申し上げます。

HACCPの考えを取り入れたスーパーマーケット等小売業の衛生管理のための手引書活用セミナーのご案内

(一社)全国スーパーマーケット協会にて、スーパーマーケット及び小売業の事業者向けの
「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」に関するセミナーが開催されますのでご案内いたします。

本年6月に食品衛生法が改正され、すべての食品等事業者がHACCPに取り組まなければならなくなりました。
スーパーマーケットやデパ地下、惣菜専門店の売り場におきましては、
(一社)全国スーパーマーケット協会が「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理の手引書」を作成しており、本セミナーではこの手引書の活用方法についての解説が中心となる予定ですので、参考にされてはいかがでしょうか。

<本件に関するお問い合わせ先>
一般社団法人全国スーパーマーケット協会(NSAJ) http://super.or.jp/(外部リンク)
HACCPセミナー 担当者 Tel:03-3255-4825 Fax:03-3255-4826

HACCP手引書セミナー案内HACCP手引書セミナー案内 
  HACCPセミナー 受講申込書(法人用・個人事業主)HACCPセミナー 受講申込書(法人用・個人事業主)

(一社)全国スーパーマーケット協会主催 デリカの勉強会「第5回デリカスタディ(10月15日開催)」及び「デリカスタディ分科会(11月14日開催)」について

(一社)全国スーパーマーケット協会主催より、デリカに関する勉強会「第5回デリカスタディ(1015日開催)」及び「デリカスタディ分科会(1114日開催)」のご案内がございましたので、お知らせ申し上げます。
詳細はこちら http://www.delica.jp/study/ をご確認ください。(外部リンク)

参加ご希望の場合は直接、デリカテッセン・トレードショー運営事務局へお問い合わせ下さい。
※10月15日と11月14日の両日もしくは、どちらか一方のみのご参加も可能となっております。

参加対象者

 スーパーマーケット、コンビニエンスストア、外食・中食等の小売業
 ※メーカー、商社、問屋、卸売業の関係者は、デリカテッセン・トレードショー2019特別協賛者
  (
プラチナ協賛)のみ参加が可能

日 時

【第5回デリカスタディ】
 20181015日(月)143018301400受付開始)

【デリカスタディ分科会】
 2018年1114() 143017001400受付開始)

※各会の内容の詳細は、下記添付資料からご覧ください。

締切日

どちらも104日(木)お申込み締め切りとなります。

会 場

【第5回デリカスタディ】
 アーバンネット神田カンファレンス3階カンファレンス3B
 (東京都千代田区内神田三丁目62号アーバンネット神田ビル)

【デリカスタディ分科会】
 シーピー化成株式会社キッチン工房
  (東京都江東区東陽4 丁目11 番38 号USCビル3 階)

参加費

  無料

主 催

  一般社団法人全国スーパーマーケット協会

 

本件に関するお問い合わせ先

デリカテッセン・トレードショー運営事務局
E-Mail:info-dts@delica.jp Tel:03-6256-8367 Fax:03-6457-8753

 

第5回デリカスタディ及びデリカスタディ分科会のご案内第5回デリカスタディ及びデリカスタディ分科会のご案内

(一社)新日本スーパーマーケット協会主催 デリカの勉強会「第4回デリカスタディ」開催について《2018年7月30日(月)開催》

  7月30日(月)、(一社)新日本スーパーマーケット協会主催、デリカに関する勉強会「デリカスタディ」が開催される旨ご案内がありましたので、お知らせ申し上げます。
詳細はこちら   http://www.delica.jp/study/   をご確認ください。(外部リンク)

参加ご希望の場合は直接、デリカテッセン・トレードショー運営事務局へお問い合わせ下さい。

参加対象者

 スーパーマーケット、コンビニエンスストア、外食・中食等の小売業
  ※メーカー、商社、問屋、卸売業の関係者は、デリカテッセン・トレードショー2019特別協賛者

    (プラチナ協賛)のみ参加が可能

日 時

 2018年730日(月)143018301400受付開始)
 ※718日(水)締め切り

会 場

 エッサム神田ホール2号館 5階501
 (東京都千代田区内神田3-24-5)

参加費

  無料

主 催

  一般社団法人新日本スーパーマーケット協会

 

本件に関するお問い合わせ先

デリカテッセン・トレードショー運営事務局
E-Mail:info-dts@delica.jp Tel:03-6256-8367 Fax:03-6457-8753

 

第4回デリカスタディのご案内第4回デリカスタディのご案内

【プレスリリース】2018年版惣菜白書発刊 惣菜市場規模は10兆555億円に

 一般社団法人日本惣菜協会(会長:佐藤総一郎、以下「日本惣菜協会」)は、中食・惣菜業界の国内市場をまとめた「2018年版惣菜白書~拡大版~」を5月23日に発刊致しました。今回の調査結果から算出した惣菜の2017年の市場規模は、前年対比102.2%の10兆555億円となり10兆円の大台を突破しております。今から約40年前の市場規模 約9,000億円と比べても10倍以上の成長となります。
 また、日本惣菜協会では惣菜白書をより多くの方に利用してもらうことを目的に、昨年の通常版に引き続き3年に1度の拡大版も大幅な価格改定を行い、更にオールカラー版にリニューアル致しました。

2018年度版惣菜白書プレスリリース【プレスリリース】2018年度版惣菜白書発刊