その他 | (一社)日本惣菜協会

その他

(一社)新日本スーパーマーケット協会主催 デリカの勉強会「第4回デリカスタディ」開催について《2018年7月30日(月)開催》

  7月30日(月)、(一社)新日本スーパーマーケット協会主催、デリカに関する勉強会「デリカスタディ」が開催される旨ご案内がありましたので、お知らせ申し上げます。
詳細はこちら   http://www.delica.jp/study/   をご確認ください。(外部リンク)

参加ご希望の場合は直接、デリカテッセン・トレードショー運営事務局へお問い合わせ下さい。

参加対象者

 スーパーマーケット、コンビニエンスストア、外食・中食等の小売業
  ※メーカー、商社、問屋、卸売業の関係者は、デリカテッセン・トレードショー2019特別協賛者

    (プラチナ協賛)のみ参加が可能

日 時

 2018年730日(月)143018301400受付開始)
 ※718日(水)締め切り

会 場

 エッサム神田ホール2号館 5階501
 (東京都千代田区内神田3-24-5)

参加費

  無料

主 催

  一般社団法人新日本スーパーマーケット協会

 

本件に関するお問い合わせ先

デリカテッセン・トレードショー運営事務局
E-Mail:info-dts@delica.jp Tel:03-6256-8367 Fax:03-6457-8753

 

第4回デリカスタディのご案内第4回デリカスタディのご案内

【プレスリリース】2018年版惣菜白書発刊 惣菜市場規模は10兆555億円に

 一般社団法人日本惣菜協会(会長:佐藤総一郎、以下「日本惣菜協会」)は、中食・惣菜業界の国内市場をまとめた「2018年版惣菜白書~拡大版~」を5月23日に発刊致しました。今回の調査結果から算出した惣菜の2017年の市場規模は、前年対比102.2%の10兆555億円となり10兆円の大台を突破しております。今から約40年前の市場規模 約9,000億円と比べても10倍以上の成長となります。
 また、日本惣菜協会では惣菜白書をより多くの方に利用してもらうことを目的に、昨年の通常版に引き続き3年に1度の拡大版も大幅な価格改定を行い、更にオールカラー版にリニューアル致しました。

2018年度版惣菜白書プレスリリース【プレスリリース】2018年度版惣菜白書発刊

(一社)新日本スーパーマーケット協会主催 デリカの勉強会「デリカスタディ」開催について

5月23日(水)、(一社)新日本スーパーマーケット協会主催、デリカに関する勉強会「デリカスタディ」が開催される旨ご案内がありましたので、お知らせ申し上げます。
詳細はこちら   http://www.delica.jp/study/   をご確認ください。(外部リンク)

参加ご希望の場合は直接、(一社)新日本スーパーマーケット協会へお問い合わせ下さい。

参加対象者

 スーパーマーケット、コンビニエンスストア、外食・中食等の小売業、   DTS2018/2019特別協賛者(プラチナ協賛のみ)

日 時

 2018年5月23日(水)14:30~18:30(14:00受付開始)
 ※5月11日(金)締め切り

会 場

 エッサム神田ホール2号館 5階501
 (東京都千代田区内神田3-24-5)

参加費

  無料

主 催

  一般社団法人新日本スーパーマーケット協会

 

本件に関するお問い合わせ先

デリカテッセン・トレードショー運営事務局
E-Mail:info-dts@delica.jp Tel:03-6256-8367 Fax:03-6457-8753)

 

食品衛生規制等の見直しに向けた検討状況に関する説明会第3回デリカスタディのご案内

ファベックス2018に出展しました

 2018年4月11日~13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された「ファベックス2018」(主催=株式会社日本食糧新聞社)に出展しました。

日本惣菜協会ブースでは、「惣菜管理士」を中心に、惣菜売り場全体のレベルアップや指導を行えるリーダーを育成する「デリカアドバイザー」などの教育事業をはじめ、HACCP認定・制度化の動き、惣菜白書の発刊予定などの協会活動について紹介をしました。

 ブースへお立ち寄りくださいました皆様、ありがとうございました。

【開催概要】
日 程:2018年4月11日(水)~13日(金)
会 場:東京ビッグサイト
来場者:78,011名(7展合計)

【当日の様子】

 

惣菜白書2017年版についてお詫びと訂正

惣菜白書2017年版の食市場規模算出につきましてお詫びと訂正

 

    株式会社産経広告社では、一般社団法人日本惣菜協会からの委託を受け「惣菜白書」の調査・編集を行なっております。2017年5月に発行しました「惣菜白書2017年版」の「惣菜白書の編集にあたり」(目次前頁)におきまして、「内食、中食(惣菜)、外食の市場規模とその構成比」の表中で、食市場規模および内食市場規模の数値に誤りがありました。

読者様並びに関連各位には多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを、ここに謹んで深くお詫び申し上げます。

    誤謬内容は、「食市場規模」を算出する際には例年、国民経済計算の「家計の目的別最終消費支出の構成」から、「名目データ」の暦年欄の数値を使用して算出しておりましたが、2017年版については「実質データ」の年度欄の数値を使用してしまったことが原因で、算出された数値が誤りとなりました。正誤内容は以下の通りです。なお、中食(惣菜)、外食の数値に間違いはございません。

    20185月発行の「惣菜白書 2018年版」では、正しい市場規模を表記することはもとより、今後は二重のチェック体制を整え、以後このような間違いのないよう十分な配慮を行う所存です。

                                                                                                                                 (億円)

 

(誤)

(正)

内食市場規模

食市場規模

内食市場規模

食市場規模

2006年

305,587

629,239

299,961

623,613

2007年

307,980

633,379

301,521

626,920

2008年

299,861

627,085

307,274

634,498

2009年

308,840

625,980

312,009

629,149

2010年

318,595

634,720

319,867

635,992

2011年

317,871

629,731

315,213

627,073

2012年

328,412

647,761

325,913

645,262

2013年

333,808

662,869

333,577

662,638

2014年

320,945

659,876

337,229

676,160

 ※算出方法について:惣菜白書に掲載されている各種市場規模は実勢数値を元に算出しております。このため、食市場規模の算出に使用する「国民経済計算」の数値についても、物価の上昇・下落分を補正した「実質データ」ではなく、実勢金額を元にした「名目データ」を使用しております。

なお、正しいデータが掲載された差し替えページは、下記よりダウンロードしていただけます。お手数をお掛け致しますが、差し替えをお願い致します。

食品衛生規制等の見直しに向けた検討状況に関する説明会惣菜白書2017年度版についてお詫びと訂正

 

一般社団法人日本惣菜協会
102-0013
東京都千代田麹町4-5-10
麹町アネックス6F
TEL.03-3263-0957  FAX.03-3263-1325
株式会社産経広告社
101-0052
東京都千代田区神田小川町1-1
日幸神田ビル7F
TEL.03-5259-8802 FAX.03-5259-8838

 

第3回生産性向上国民運動推進協議会にて佐藤会長が発表を行いました

2月15日、総理大臣官邸にて安倍総理出席の元、第3回生産性向上国民運動推進協議会が開催され、協会会員企業4社が出席しました。

 

飲食分野(外食・中食)の代表として佐藤会長より、中食業界の成功事例として従業員のコスト意識改善が賞与アップに繋がった企業の取組み事例を発表しました。協議会の最後には安倍総理より「具体的な分かりやすい取組みを行い、その成果が従業員に対して賞与を引き上げていこうという、大変うれしい御発言があった」と飲食分野の取組みに触れ、「今後も引続き生産性向上に取組み、日本の明日を共に切り拓いていきたい」と期待を示されました。今後も一般社団法人日本惣菜協会は更なる中食の生産性向上の進展をさせるため引き続き政府と連携してまいります。

 

当日配布資料
http://www5.cao.go.jp/keizai1/productivity/pdf/20180215siryo.pdf

デリカテッセントレードショー2018に出展しました

 2月14日~16日の3日間、幕張メッセ(千葉県)で開催された「デリカテッセントレードショー2018」(主催=(一社)新日本スーパーマーケット協会)に出展しました。

 日本惣菜協会ブースでは、惣菜売り場全体のレベルアップや指導を行えるリーダーを育成する「デリカアドバイザー」や食のプロフェッショナルを育成する「惣菜管理士」、HACCP制度化の動きなどの情報提供を中心に、協会活動について紹介をしました。
 ブースへお立ち寄りくださいました皆様、ありがとうございました。

 

【開催概要】
日 程: 2018年2月14日(水)~16日(金)
会 場:幕張メッセ
来場者:88,121名

 

【協会ブース】

 

2017JFフードサービスバイヤーズ商談会に出展しました

 2017年11月14日、TOCビル・五反田 13階(東京都品川区)にて、「2017 JFフードサービスバイヤーズ商談会」が開催され、日本惣菜協会会員企業11社とともに、「惣菜・中食コーナー」として出展致しました。

 当日は、当協会関東支部セミナー出席者の皆様にも足をお運び頂き、たくさんの皆様にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

【概 要】
日  時 平成29年11月14日
会  場 TOCビル・五反田13階
出展社数 129社
来場者数 1,922名(昨年1,891名)

 日本惣菜協会ブースでは、惣菜管理士、デリカアドバイザーといった教育制度や惣菜白書などを中心に、協会活動について紹介をしました。ブースへお立ち寄りくださいました皆様、ありがとうございました。

 

【惣菜・中食コーナー出展社】(11社)

イケウチ㈱
イケダ食品㈱
寿食品㈱
㈱三晃
㈱三和製玉
㈱せき
㈱せんにち
㈱大栄フーズ
㈱マルハ物産
㈱ミノカン
明治ライスデリカ㈱

【会場の様子】

オープニングセレモニー①
日本フードサービス協会会長
菊地 唯夫 様
オープニングセレモニー②
参列する佐藤総一郎会長

惣菜・中食コーナー

社名の下にパンフレットの内容を掲載しています

イケウチ㈱

石川県産・北陸産を使用した焼魚・煮魚など真空パック製品。石川県の大吟醸粕・醤油・味噌などを使用した漬魚・煮魚など真空パック製品。お年寄りや子供向けの骨なし魚の加工品。無添加の調味液を使用した、安全・安心の魚加工品。魚1切れ入り個食パック製品。

イケダ食品㈱

九州産主原料を使用した佃煮、和総菜商品を「九州のごちそう」というブランドパッケージでご提案致します。おいしさ・健康・安心安全・付加価値・オンリーワン商品をご紹介致します。九州ならではの食材を使用した佃煮和総菜(様々な食シーンでご利用頂けます)

寿食品㈱

ここ数年、生姜の効能がクローズアップされております。当社は生姜を中心に製品作りをしている専門メーカーです。今回の商談会では当社の自信作(国産針生姜・針生姜、生おろし生姜、生姜ごはんの素等)をご紹介させて頂いております。お客様のご要望に合わせ、小ロット生産にも力を注ぎ商品を作っております。生姜の事でお困りでしたら是非ご相談下さい。

㈱三晃

てんぷら材料、カット野菜、惣菜キット、加熱調理品、スープ等

㈱三和製玉

鶏卵加工食品
 玉子焼き、オムレツ、富山県産のこだわり卵、食材を使用したこだわり玉子焼

㈱せき

冷凍野菜、カット野菜等

㈱せんにち

玉子焼・出し巻・あんこを使用した商品提案
・厚焼玉子
・サンドウィッチ用厚焼玉子
・天津飯
・あんこを使用した商品等

大栄フーズ㈱

大栄フーズ(株)主力商品(中華くらげ・とびっ子類・中華ほたてひも等)、ジャンボさつま揚げ・まる天(野菜)など練物新商品。ソフトシェルクラブ、惣菜・中食向け珍味・中華シリーズの紹介

㈱マルハ物産

蓮根など、こだわり野菜の加工食品。徳島産の野菜を中心に原料の生産から取り組んだ安心・安全な商品の提案。

㈱ミノカン

佃煮(那古野の華)の商品紹介及び業態別使用推奨メニューの試食実施、また和食惣菜とのアレンジや洋食への和風テイストアプローチも実施。

明治ライスデリカ㈱

・「シャリ玉」のご案内・・・ネタを乗せるだけで簡単に握り寿司を提供出来ます。
・玄米の栄養素そのままに白米のように食べやすい消化性が良いお米「金芽ロウカット玄米」を使用した混ぜご飯のご案内

(一社)日本惣菜協会

協会事業のご紹介。特に惣菜管理士、デリカアドバイザー、惣菜白書、HACCPについて

【平成29年秋の褒章】堀前会長が藍綬褒章を受章されました

11月2日、平成29年秋の褒章受章者が公表されました。

長年にわたり当協会の役員として業界発展に寄与したことにより、日本惣菜協会前会長の堀冨士夫氏(㈱デリカスイト 代表取締役 FOUNDER)が藍綬褒章を受章されました。
堀氏は平成19年より同協会の理事、副会長を経て、平成24年から会長を4年間就任されました。
現在も理事として業界の発展のために精力的にご活動いただいております。

褒章伝達式は11月14日に行われ、終了後は皇居にて天皇陛下の拝謁が予定されています。


会員一同、心よりお祝い申し上げますとともに、ますますのご活躍、ご発展をお祈り申し上げます。

ファベックス関西2017に出展しました

 10月11日~13日の3日間、大阪市のインテックス大阪で開催された業務用食品展示会第5回「ファベックス関西2017」(主催=㈱日本食糧新聞社)に出展しました。

 日本惣菜協会ブースでは、惣菜管理士、デリカアドバイザーなどの教育制度を中心に、協会活動について紹介しました。
 ブースへお立ち寄りくださいました皆様、ありがとうございました。

 また、同展示会にはエスアールジャパン、キングフーズ、Shinmei Delica、田中食品興業所、堂本食品、日本食研ホールディングスなど会員企業、アンリツインフィビス、伊那食品工業、キューケン、鈴茂器工、中央設備エンジニアリングなど賛助会員企業も出展し、各企業の注力商品や事業について来場者にPRされていました。

 

【開催概要】
期間:2017年10月11日(水)~13日(金)
場所:インテックス大阪
来場者: 36,362名(昨年:35,508名)

 

【会場の様子】

img_8232 img_8284
オープニングセレモニー
関西支部長 黒田久一氏:前列右から4人目
日本惣菜協会ブース