行政情報

ゲノム編集技術応用食品に関する厚生労働省、消費者庁の発表について(厚生労働省、消費者庁)

9月19日、厚生労働省は、ゲノム編集食品について、通知「ゲノム編集技術応用食品等の食品衛生上の
取扱要領」で、開発者等の届出制の仕組みを示し、10月1日運用開始となる運び。多くのゲノム編集食品
は、一部の遺伝子を切り取るもので、外からの遺伝子を組み込んでいないため、従来の品種改良とリスク
は変わらないことから安全性審査の対象外としています。
消費者庁からは「ゲノム編集技術応用食品の表示について」の発表があり、表示については、外来遺伝子
等が残存しないものは、ゲノム編集技術を用いたものか、従来の育種技術を用いたものか、科学的に判別
不能であること等から、現段階では義務表示の対象外としています。

厚生労働省ゲノム編集技術応用食品等の取扱いについて(外部リンク)

消費者庁「ゲノム編集技術応用食品の表示について」(外部リンク)

消費者庁 アレルゲン表示の推奨表示(特定原材料に準ずるもの)品目の追加について(消費者庁)

消費者庁は、9月19日、「食品表示基準について」を一部改正する通知を発出しました。
アレルゲン表示に関して、「アーモンド」を特定原材料に準ずるもの(推奨表示)に追加
するという内容であり、これにより、現段階での「特定原材料に準ずるもの」は、21品目
となりました。
義務表示である「特定原材料」は7品目と変更ありませんが、対象品目は、食物アレルギー
の調査等を踏まえ、変更されることがあります。
詳細は、消費者庁のHPで参照できます。 
下記のリンク先の「食品表示基準に係る通知・Q&Aについて」の中にあります。

消費者庁「食品表示基準について」の一部改正について(外部リンク)」

 

《参考資料》

190919_第9次改正「食品表示基準Q&A」の一部改正について190919_第9次改正「食品表示基準Q&A」の一部改正について

190919_別紙「食品表示基準Q&A」の一部改正について(新旧対照表) 190919_別紙「食品表示基準Q&A」の一部改正について(新旧対照表)

190919_第17次改正「食品表示基準について」の一部改正について 190919_第17次改正「食品表示基準について」の一部改正について

190919_別紙「食品表示基準について」の一部改正について(新旧対照表) 190919_別紙「食品表示基準について」の一部改正について(新旧対照表)

 

食品衛生月間の実施について(厚生労働省)

 食品衛生月間は、厚生労働省、都道府県、保健所設置市、特別区の主催により8月1日から8月31日までの
1ヶ月間実施されています。
 食中毒事故の防止と衛生管理の向上を図るため、食品等事業者及び消費者に対し、食品衛生思想の普及・
啓発等を目的に取組まれます。
 特に、アニサキスによる食中毒が急増しています。2018年は、食中毒の原因として1位になり、今年
に入っては寿司店でのアニサキス食中毒が報道されています。

「食品衛生月間について」や「アニサキス食中毒」等の情報は、以下のWebサイトでご覧いただけます。

食品衛生月間の実施について(厚生労働省)(外部サイト)

アニサキスによる食中毒を予防しましょう(厚生労働省)(外部サイト)

アニサキス食中毒に関するQ&A(厚生労働省)(外部サイト)

バーベキューにおける食品安全に関する消費者行動の実態調査(消費者庁)(外部サイト)

「食品ロスの削減に向けて」について(農水省)

近年社会構造環境の変化とともに、法令改正や生活者の意識が大きく変わり、食シーンも大きく変化
しています。また人手不足と相まって、業界に課せられた課題は多く経営に大きく影響して参りました。
業界として、これらの課題に向き合い対応して行く必要があります。
特に環境問題は喫緊の課題であり、本年5月には「食品ロス削減推進法」の公布がされています。
「食品ロスの削減に向けて」として、農水省で作成した資料を掲載します。

 食品ロスの削減に向けて食品ロスの削減に向けて

農林水産省「食品ロス・食品リサイクル」(外部リンク)   http://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/161227_9.html

「食品製造業における労働力不足克服ビジョン」について(農水省)

7月11日、農水省から食品製造業における労働力不足を克服するための方策等を取りまとめた
「食品製造業における労働力不足克服ビジョン」が公表されました。

農林水産省では、食品製造業において深刻化している労働力不足や人材確保難を克服する方策を検討する
ため、事業者ヒアリングなどを通じて取りまとめた「食品製造業における労働力不足克服ビジョン」を公表しました。

■ビジョンのポイント
(1)従業員のやる気を育てる
(2)IT・機械設備の導入による生産性向上

「食品製造業における労働力不足克服ビジョン」の概要は、農水省のHPで参照できます。

http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/seizo/190711.html(外部リンク)

食品製造業における労働力不足克服ビジョン「食品製造業における労働力不足克服ビジョン」

「日本語教育の推進に関する法律」の公布、施行について(文化庁)

 「日本語教育の推進に関する法律」が公布、施行されました。

 在留外国人は、留学生、技能実習生や今年からの新たな在留資格の「特定技能」により、さらに
増加する状況で、日本語習得を支援するための新法「日本語教育の推進に関する法律」が先の
国会で衆参ともに全会一致で成立し、6月28日に公布と同時に施行されました。

 外国人の児童生徒、留学生、就労者、技能実習生らを対象とし、国と自治体は、役割分担をして、
効果的に推進するための方針策定、施策の実施を行うとし、事業者も雇用する外国人やその家族
の日本語学習の機会を作り、支援することを責務としています。

「日本語教育の推進に関する法律」の概要、条文は文化庁のHPで参照できます。

■文化庁「日本語教育の推進に関する法律について」
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/shokan_horei/other/suishin_houritsu/index.html (外部リンク)

 

「食品ロスの削減の推進に関する法律」(略称 食品ロス削減推進法)の公布について(消費者庁、農林水産省、環境省)

「食品ロス削減推進法」が令和元年5月31日に公布されました。

 まだ食べられるのに、大量に廃棄されている「食品ロス」の削減を進めるため、本法律で食品ロス削減を社会全体で取り組むこととし、国、地方自治体、事業者の責務を明確化し、消費者にも自主的な取り組みを求めています。

 本法律や具体的な施策等については、関係省庁のHPで参照できます。

 消費者庁「食品ロス削減]食べもののムダをなくそうプロジェクト(外部リンク)
  https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/

 農林水産省「食品ロス・食品リサイクル」(外部リンク)
  http://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/161227_9.html

 環境省「食品ロスポータルサイト」(外部リンク)
  http://www.env.go.jp/recycle/foodloss/index.html

食品表示基準の一部改正について(消費者庁)

 4月25日、食品表示基準の一部を改正(遺伝子組み換え表示)する内閣府令が公布されました。
この改正により、従来、「遺伝子組み換えでない」といった旨の任意表示について、条件が厳格化され
ました。新制度では、第三者による分析等で、遺伝子組み換え農産物の混入がないと確認された非遺伝
子組み換え農産物及びこれを原材料とする加工食品には、「遺伝子組み換えでない」旨の任意表示を可能
としています。施行は2023年4月1日。
消費者庁のHPに食品表示基準・新旧対照表、パンフレット等が掲載されています。

消費者庁 「遺伝子組換え表示制度に関する情報」
https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/quality/genetically_modified/ (外部リンク)

 

惣菜製造業技能評価試験の試験実施機関変更に関する官報掲載について

3月26日、「惣菜製造業技能評価試験」の試験実施機関が、(一社)日本惣菜協会から
「(一社)外国人食品産業技能評価機構」へ変更になることが官報(第59号)に掲載
されましたのでお知らせ致します。

新たな試験機関名称:一般社団法人外国人食品産業技能評価機構※1)
試験実施日:2019年4月1日より※2)

※1)OTAFF(通称:オタフ)
※2)既にお送りしている受検票や受検申請書及び請求書は、(一社)日本惣菜協会
となっていてもそのまま使用できます。

試験機関変更に関する問い合わせについては、下記までご連絡下さい。
 (一社)外国人食品産業技能評価機構 川中・甲斐
  TEL:03-5213-4466

HACCPの制度化における「小規模な惣菜製造工場における HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書」が公表されました

3月19日、厚生労働省ホームページに、日本惣菜協会が作成した「小規模な惣菜製造工場における HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書 Version 1.0」とその概要版が公表されましたのでお知らせ致します。

本手引書における惣菜の範囲と本手引書の対象については2ページ目に記載していますので、対象企業におかれましては本手引書を参考にし「衛生管理計画」作成の参考にして下さい。

厚生労働省ホームページ:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028_00003.html (外部リンク)

尚、「HACCPに基づく衛生管理」の取得をお考えの企業におかれましては、日本惣菜協会で「惣菜製造管理認定事業(JmHACCP)」を行っておりますので、ご検討下さい。

【小規模な惣菜製造工場】【小規模な惣菜製造工場】

 【小規模な惣菜製造工場〈概要版〉】 【小規模な惣菜製造工場〈概要版〉】