協会行事

【プレスリリース】2023年惣菜市場規模 前年比4.9%増10兆9,827億円

2023年惣菜市場規模 前年比4.9%増10兆9,827億円

2019年比で106.4%と市場は完全に回復
(
一社)日本惣菜協会「2024年版惣菜白書」61日発刊

 一般社団法人日本惣菜協会(会長:平井浩一郎)は、中食・惣菜業界の国内市場をまとめた「2024年版惣菜白書」を6月1日に発刊する。今回の調査結果(調査対象期間:2023年1月〜12月)から算出した2023年の惣菜市場規模は、前年対比104.9%の10兆9,827億円となり、新型コロナウイルス感染拡大前の2019年比では106.4%と、新型コロナウイルス感染拡大前の2019年比でも106.4%と、2020年に10兆円を割り込んだ市場は完全に回復した。

 業態別の前年比は食料品スーパー105.7%が最も高く、次いでCVS105.6%、総合スーパー104.4%、惣菜専門店103.9%となっている。市場規模は依然CVSが最も大きく34,631億円、次いで食料品スーパー32,586億円、惣菜専門店29,426億円と続く。

 業態別構成比では2021年比で惣菜専門店・総合スーパー・CVSが0.1%~0.4%のシェアダウン(27.2%→26.8%)に対して、食料品スーパーのみが0.6%のシェアアップとなっている。

プレスリリース全文  PDFアイコン

 

【支部活動】2023年度 第三回 関東支部活動 開催のお知らせ

2023年度 第三回 関東支部活動 開催のお知らせ

2023年度 第三回 関東支部活動として、静岡県内の企業をバスで巡る視察・研修会を開催することとなりました。
焼津のかつお節産業をリードし続ける『㈱マルハチ村松』の工場視察と、独自の社内教育やコミュニケーション方法により自律型社員の育成を行い、社内の活性化を図っている『㈱吉村』の会社見学会を予定しておりますので、ぜひご参加のご検討をお願い致します。

(一社)日本惣菜協会 関東支部 支部長 栗田 美和子

【日 程】2024年3月11日(月)

【時 間】8:55 静岡駅集合 ⇒ 9:00バス出発 / 17:45 静岡駅解散 ※予定

              〔参考〕07:27東京発~08:47静岡着 新幹線こだま705号 名古屋行

【訪問先】①工場視察『㈱マルハチ村松』 https://www.08m.co.jp/
     ②会社見学会『㈱吉村』    https://www.yoshimura-pack.co.jp/
      ※②は一般の方も参加できる会社見学会への参加となります。詳細はこちら 

【人 数】先着 約30名 ※定員に達した場合は締め切りとさせていただきます。

【参加費】研修・昼食費 3,000円(人/消費税10%込) ※事前振り込み制

       静岡駅までの交通費は各自ご負担となります。

       →振込先:みずほ銀行麹町支店 普通預金1609401
        口座名: シャ)ニホンソウザイキョウカイ
        ※お振込み手数料は貴社負担にてお願い致します。

【申込/振込期日】2024年2月26日(月)

ご参加をご希望の方は【こちらをクリック】
➔定員のため申込を締め切りとさせていただきました。

 

【お問合せ先】(一社)日本惣菜協会  担当:若林・笠原
TEL:03-6272-8515 E-mail: js@nsouzai-kyoukai.or.jp

年末年始休業日のお知らせ

 

年末年始休業のご案内

 

この一年、当協会にご理解、ご協力をいただき、心より御礼申し上げます。
さて、皆様方には年末年始商戦で大変ご多忙中と存じますが、誠に恐縮ながら、当協会では下記期間を休業とさせていただきます。何卒、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

本年中のお力添えに感謝を申し上げるとともに、来る年も変わらぬご厚誼を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
良いお年をお迎えになられますよう、ご祈念致します。

 

一般社団法人日本惣菜協会
年末年始休業期間

2023年12月29日(金)~ 2024年1月3日(水)

 

なお、休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次回答させていただきます。

以上

【支部活動】2023年度 第二回 関東支部セミナーを開催しました

11月15日(水)、TOC五反田にて2023年度 第二回 関東支部セミナーを開催致しました。
会の冒頭では、農林水産省 大臣官房 新事業・食品産業部 外食・食文化課 課長補佐 細川 仁 様より来賓のご挨拶をいただきました。
セミナーには約120名にご参加いただき、相模屋食料株式会社 代表取締役社長 鳥越 淳司 様 より、『日本の伝統食品おとうふの逆襲』と題してご講演いただきました。講演の中では、豆腐業界の再建手法や、理論や情報に捉われず「おもいつき」を大切し、大手企業が手を出していない領域にフォーカスした商品開発についてのお話しをいただき、参加者は熱心に聴講されていました。

セミナー後には約80名の参加で懇親会を行い、1社1名ずつの自社紹介の後、新入会員および初参加企業も含めた交流の場となりました。

ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

【支部活動】2023年度 第一回 九州支部セミナーを開催しました

11月14日(火)、マリンメッセ福岡にて開催されたFood Style九州で九州支部セミナーを開催致しました。
セミナーでは、長年イトーヨーカドーにて店長や惣菜部長・品質管理部長を務めた、元㈱成城石井 品質管理室室長/日本惣菜協会 アドバイザーの山田 祥男より、『失敗から学ぶ品質管理』について講演致しました。当日は開始前からかなりの方にお並びいただき、約70席もほぼ全て埋まり立ち見が出るほど盛況となりました。
また、セミナー終了後には博多駅前の「頤和園」において懇親会を行い、約50名様にご参加いただきました。懇親会には講師の山田アドバイザーおよび新規入会の企業様も参加され、自社紹介の後、会員同士の活発な情報交換の場となりました。
ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

【支部活動】2023年度 第二回 東海支部セミナーを開催しました

東海支部は10月20日(金)、サイプレスホテル名古屋駅前にて2023年度 第二回 東海支部セミナーを開催致しました。
東海支部長の後藤 金成(㈱後藤食品 代表取締役)の開催挨拶から始まり、続いて来賓として農林水産省 東海農政局 経営・事業支援部 食品企業課長 上原 教克 様よりご挨拶を頂戴致しました。
セミナーには104名にご参加いただき、“大学いも(中華ポテト)”の名を世間に広めた「日本食品開発促進㈱」などを運営する白ハトグループ代表の永尾 俊一 様を講師に迎え、「ピンチをチャンスに ~いもたこなんきんによるワクワク未来づくり~」と題して、震災の被災地域である福島県でのさつまいも栽培や、宮崎県での工場残渣を活用した黒豚育成など、ピンチをチャンスに切り替えるヒントについてお話いただきました。結びには、東海支部役員の堀 富則(㈱デリカスイト 代表取締役)から挨拶を行い閉会となりました。

またセミナー後には、講師の永尾代表にもご参加いただき約100名での懇親会を行い、交流の場として大いに盛り上がりを見せました。

ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

【支部活動】2023年度 第一回 関西支部セミナーを開催しました

10月11日、大阪府で開催された「ファベックス関西2023」のセミナーブースで、2023年度関西支部セミナーと懇親会を開催致しました。
講師には㈱ジオードの門上 武司 氏をお迎えし、「京都の食文化」をテーマに、京料理の流れや構成に触れつつ新旧の料亭を多角的な視点で紹介いただきました。
また、セミナー終了後には同会場のホールで懇親会を行い、約80名様にご参加いただきました。懇親会には講師の門上様および新規入会の企業様も参加され、自社紹介の後、講師も交えて会員同士の活発な情報交換の場となりました。
ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

【支部活動】2023年度 第一回 北陸支部セミナーを開催しました

北陸支部は7月11日(火)、長岡グランドホテル にて2023年度 第一回 北陸支部セミナーを開催しました。北陸支部長の池内 孝輔(イケウチ㈱ 代表取締役社長)の開催挨拶から始まり、続いて農林水産省 北陸農政局 経営・事業支援部 部長の小笠原 毅輝 様より来賓のご挨拶をいただきました。セミナーには46名にご参加いただき、元㈱成城石井 品質管理室室長で、現在は日本惣菜協会のアドバイザーである山田 祥男より、『失敗から学ぶ品質管理』と題して講演を致しました。この度のご参加者様は品質管理を担当されている方が多く、異物・毛髪混入への対策や、品質管理における他部門との連携や協働の大切さなど、現場目線の具体的な内容に熱心に耳を傾けていらっしゃいました。セミナーの終盤には質疑応答の時間も設けられ、多くの方々から活発にご質問が挙がりました。またセミナー後には34名の参加で懇親会を行い、1社1名ずつの自社紹介の後、交流の場として大いに盛り上がりを見せました。

ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

今後、山田アドバイザーは他の支部での講演も予定しております。
日程が決まり次第、協会担当者様へのメールおよび、日本惣菜協会のホームページにてご案内致しますので、皆様のご参加をお待ち申し上げております。

 

【支部活動】2023年度 第一回 中国四国支部セミナーを開催しました

7月4日(火)、岡山駅近くのピュアリティまきびにて2023年度 第一回 中国四国支部セミナーを開催致しました。中国四国支部長の山本 雅史(㈱魚宗フーズ 代表取締役社長)の開催挨拶から始まり、続いて農林水産省 中国四国農政局 経営・事業支援部 食品企業課長 永井 旭 様より来賓のご挨拶をいただきました。
セミナーには約40名がご参加され、経営創研㈱ 所属コンサルタント/エネルギー・アイ・研究所 代表の横田 英靖 様より、『エネルギーを巡る外部環境変化への対応』をテーマにご講演いただきました。講演では、費用を掛けずにできる省エネ施策や、社内一丸となって省エネ対策を行うことによる従業員の帰属意識の醸成などへの影響についてお話いただきました。

また、セミナー後には約40名の参加で懇親会が行われ、1社1名ずつの自社紹介も交え、中国四国エリアをメインとした会員企業間の情報交換・交流の場となりました。

ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。

【支部活動】2023年度 第一回 北海道支部セミナーを開催しました

北海道支部は6月23日(金)、プレミアホテル中島公園札幌 にて2023年度 第一回 北海道支部セミナーを開催しました。北海道支部長の上西 宣行(だるま食品㈱ 代表取締役社長)の開催挨拶から始まり、続いて農林水産省北海道農政事務所 次長の吉永 宏喜 様より来賓のご挨拶をいただきました。セミナーには48名にご参加いただき、元㈱成城石井 品質管理室室長で、現在は日本惣菜協会のアドバイザーである山田 祥男より、『失敗から学ぶ品質管理』と題して講演を致しました。この度のご参加者様は品質管理を担当されている方が多く、異物・毛髪混入への対策や、品質管理における他部門との連携や協働の大切さなど、現場目線の具体的な内容に熱心に耳を傾けていらっしゃいました。セミナーの終盤には質疑応答の時間も設けられ、多くの方々から活発にご質問が挙がりました。またセミナー後には30名の参加で懇親会を行い、1社1名ずつの自社紹介の後、交流の場として大いに盛り上がりを見せました。

ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

今後、山田アドバイザーは他の支部での講演も予定しております。
日程が決まり次第、協会担当者様へのメールおよび、日本惣菜協会のホームページにてご案内致しますので、皆様のご参加をお待ち申し上げております。