(厚生労働省)外国人技能実習制度におけるそう菜製造業職種の「審査基準」の変更について

2021年61日、厚生労働省より、そう菜製造業職種の「審査基準」の変更が公開されましたのでお知らせ致します。

今回の審査基準の変更は、食品衛生法の一部改正に伴う営業許可制度の見直しを受け、これまでの「そうざい製造業」と「飲食店営業」に加え、新たに新設された「複合型そうざい製造業1」を、技能実習生の受入れ要件に加えたものです。

6月1日より、すべての食品等事業者が「HACCPに沿った衛生管理」を行わなければならなくなっておりますので、今後、営業許可を更新される際には「HACCPに基づく衛生管理2」を実施して「複合型そうざい製造業」の許可を取得されることをお勧め致します。

厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/global_cooperation/002.html(外部リンク)
(外国人技能実習機構のホームページからもアクセスできます。)

※1)複合型そうざい製造業は、「HACCPに基づく衛生管理」を行う事業者が取得することができる許可業種であり、この許可を取得することにより、食肉処理業、菓子製造業、水産製品製造業(条件あり)、麺類製造業に限り、それらの許可を追加で取得することなく食品の製造ができます。
参考)営業許可制度の見直し及び営業届出制度の創設に関するQ&Aのうち問11

※2)HACCPに基づく衛生管理とは、コーデックス委員会が策定したHACCP7原則に基づき、食品等事業者自らが、使用する原材料や製造方法等に応じ、計画を作成し、管理を行うものです。
参考)HACCPに沿った衛生管理の制度化に関するQ&Aのうち問3

注記:「そう菜製造業」と「そうざい製造業」の違いについて
・「そう菜製造業」は、外国人技能実習制度での正式な職種名称
・「そうざい製造業」「複合型そうざい製造業」は、営業許可制度での正式な業種名称