「外食・中食における原料原産地情報提供ガイドライン及びQ&A」が作成されました

 2017年9月の食品表示基準の一部改正により、すべての加工食品の原料原産地の表示が義務化されました(2022年4月完全移行)。
 但し、外食や中食の容器入りでないものや店内加工品には、引き続き適用外とされましたが、事業者による自主的な取り組みによる情報提供は必要があることから、「外食・中食等食品表示適正化推進協議会」において、「外食・中食における原料原産地情報提供ガイドライン及びQ&A」が作成されました。

詳しくは下記WEBサイト(公益財団法人 食の安全安心財団のホームページ)をご参照ください。

http://www.anan-zaidan.or.jp/ (外部リンク)