平成30年度 第3回 産地見学・商談交流会(鹿児島県)を開催しました

 2019年3月14日(木)・15日(金)に鹿児島県にて(一社)日本フードサービス協会と共催で平成30年度第3回目の産地見学・商談交流会を実施しました。今回は鹿児島県の全面的な協力により5箇所の視察と18社・団体の交流が行われ、外食・中食から38名が参加、そのうち協会からは5社8名が参加致しました。

 協会では中食産業と農畜水産業との商談・交流を積極的に推進する為、定期的に農場現場や産地で見学会を実施しております。
 今年度3回目となる産地見学・商談交流会は、温暖な気候、広大な畑地などの特性を生かし、畜産、園芸等を中心として年々農業生産が拡大する鹿児島県での開催となりました。 平成29年農業産出額で全国2位を誇る鹿児島県では、大消費地から離れた、いわゆる“遠隔産地”という地理的に不利な条件等にも関わらず、消費者ニーズに対応し主力園芸・畜産商品等の質的・量的拡大に成果をあげています。食と農の先進県として外食・中食産業を含めた業務用産地として重要な役割を担っており、現地の各企業では、より良い商品の発信に向けて尽力されています。
 当日は、有機生産を実践する農場や、地元産のおがくずで肉用牛を育成する畜産家など、試食を交えつつ5つの生産現場を視察しました。その後は、鹿児島県内の生産者・農業法人・食品企業等・意欲的な18社・団体が参加し、それぞれ自慢の農産物や加工食品を展示PRする商談交流会を開催しました。
 また商談後の懇親会(試食会)では、当協会を代表して株式会社クリハラの岩渕 真知子 代表取締役社長にご参加の感想を、中締めでは株式会社フレッシュベジ加工の岩原 一弘 執行役社長にご挨拶を頂戴し、生産者・中食・外食といった垣根を越え、参加者同士親睦を深め合いました。

次回は、2019年7月2日(火)・3日(水)に鳥取県にて開催予定です。

☆産地見学の様子

☆商談会・懇親会(試食会)の様子

(一社)日本フードサービス協会
赤塚副会長
商談会の様子
商談の様子 ㈱クリハラ 岩渕代表取締役社長
㈱フレッシュベジ加工
岩原執行役社長
懇親会の様子