【支部活動】平成30年度 関西支部セミナー開催しました

2日19日(火)「ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター」において、平成30年度関西支部
セミナーを開催し、関西エリアを中心とした会員、地域の関連企業など約130名の方にご参加頂きました。

黒田 久一(㈱フルックス 代表取締役社長)のあいさつに続いて、ご来賓を代表して、近畿農政局
経営・事業支援部 地域食品課長 半﨑 修 様よりごあいさつを頂戴して、2部制にてセミナーが行われました。

第1部の講師には、厚生労働省の食品安全行政講習会で行政職員に向けての講師や、当協会のHACCP手引書作成委員を務められておられますエコア株式会社 代表取締役社長 宮澤 公栄 氏をお招きし、「HACCPに沿った衛生管理の制度化について」をテーマに、手引書作成委員の視点から見た惣菜製造のHACCPの制度化について、今後の対応や制度の概要をお話頂きました。

第2部では、「消費税の軽減税率制度について」と題して、財務省より主税局 税制第二課 税制第二課
消費税2係 調査主任 五里地 圭 氏、中小企業庁より中小企業庁登録講師 公認会計士・税理士 
福田 有希 氏の2名様より今年10月に予定されている消費税増税に伴う軽減税率制度について、補助金や、対象範囲や「インボイス」の処理など具体的な税制度についてお話頂きました。

消費税の軽減税率に関するQ&Aに関しては、2019年3月までのH30年度支部セミナーであがった質問と回答 を集約し、協会として取り纏め、HPにてご案内する予定です。

セミナー終了後の懇親会には、約40名の方が懇親会に集まり、会員および関係者の親睦が図られる懇親会となりました。

 

開会挨拶 黒田支部長 来賓挨拶 半﨑様
第1部講師 宮澤先生 会場の様子