平成30年度第二回「明日の惣菜を語る会」を開催しました

 2019年2月13日(水)~14日(木)群馬県高崎市において平成30年度第二回「明日の惣菜を語る会」(部会長:今里有利㈱今里食品代表取締役社長)を開催しました。出席者は正会員の若手経営者20名(事務局1名)。

 一日目、13日(水)は入江栄吉先生(株式会社Trust・one・イリエ代表取締役)を講師としてお招きし、「食の変化に携わる方、経営者が知っておかなければならないこと」についてご講演頂きました。署名人の戦略理論ランチェスター・ドラッガーの差別化、コトラーのマーケット戦略理論、ポーターの競争戦略などの内容は、未来を見据えた若手経営者にとって改めて企業理念や商品開発の重要性について考える貴重な機会となりました。

 また二日目14日(木)には、共栄フード株式会社北関東工場にお伺いし業務用パン粉工場の視察を行いました。 共栄フード株式会社はパン粉業界では約30%のトップシェアを誇り、全国11カ所の工場から鮮度を優先した業務用パン粉を、全国のユーザーにチルドで配送されています。工場では電極式・焙焼式の異なる生産方式で業務用パン粉を製造しており、お客様の様々なニーズにきめ細かい製造対応を行っていました。 惣菜工場を上回る衛生管理と定位置管理の徹底ぶりに参加者一同驚くばかりでした。

 協会では、2003年より会員企業の若手経営者の勉強会・交流の場として「自社の成長と将来の惣菜業界の発展のため」、惣菜企業の若手経営者による惣菜産業の有り方等の研究、調査、視察等を行い、将来の惣菜産業の発展に寄与することを目的に、「明日の惣菜を語る会」を開催しております。

 次回は2019年5月14日(火)に都内でオリエンテーリングの開催を予定しております。

※明日の惣菜を語る会へのご参加を希望される方は、日本惣菜協会 田中、周東(03-3263-0957)まで
ご相談ください。

 

今里部会長の挨拶 入江先生講演の様子
チルドの鰺フライ 冷凍の鰺フライ
試食会の様子 集合写真