平成30年度第一回「明日の惣菜を語る会」を開催しました

 2018年1115日(木)~16日(金)、都内において平成30年度第一回『明日の惣菜を語る会』
(部会長:今里有利㈱今里食品代表取締役社長)を開催いたしました。出席者は正会員の若手経営者10名
(事務局3名)。

 一日目、15日(木)は まず、社会環境が大きく変化する中で企業の今後のあるべき姿などについて
ディスカッションを行いました。

 続いて、今年のテーマ「先輩企業の礎を築いたレジェンドに学ぶ」という主旨に沿って、吉野家・
モスバーガーなどを成功に導いてこられた「日本外食ビジネスの先導者」とも称される上垣清澄氏を
お招きし、外食チェーンの成り立ち、経営者の厳しさや本質、人材育成に対する覚悟の重要性などに
ついて大変貴重なご講演をいただきました。

 また二日目の16日(金)には、今年9月に六本木ヒルズにオープンした当協会の会員企業、
株式会社グランドフードホールの新店舗にお伺いし、「添加物を使用せず、本物の味にこだわり、
食文化の維持継承を目指す」という岩城社長の熱い想いを語って頂きました。また、選び抜いた
食材と調理法で調理された商品をご試食させて頂き、参加者一同その美味しさに驚くばかりでした。

 協会では、2003年より会員企業の若手経営者の勉強会・交流の場として、「自社の成長と将来の
惣菜業界の発展のため」、惣菜企業の若手経営者による惣菜産業の有り方等の研究、調査、視察等を行い、将来の惣菜産業の発展に寄与することを目的に、「明日の惣菜を語る会」を開催しております。

 なお次回は2019年2月13日~14日に都内で開催を予定しています。

※明日の惣菜を語る会へのご参加を希望される方は、日本惣菜協会 田中、周東(03-3263-0957)まで
 ご相談ください。

 

講演の様子 上垣 氏
岩城社長 試食の様子
売れ筋・オススメ メニュー 集合写真