高病原性鳥インフルエンザの擬似患畜の確認に係る関係通知の送付について

会員各位

いつもありがとうございます。

 今般、香川県内で飼養されていた家きんについて、高病原性鳥インフルエンザの擬似患畜が確認されたところです。
 このことに伴い、2018年1月11日付で「高病原性鳥インフルエンザの擬似患畜の確認により出荷等に影響を受ける畜産農家等への資金の円滑な融通及び既貸付金の償還猶予等について」の通知が発出されましたので、ご連絡をさせていただきます。

 併せて、家きんの肉又は卵の摂取により、鳥インフルエンザが人に感染することは世界的にも報告されておらず、食品安全委員会ホームページ(http//:www.fsc.go.jp/)においても、本病に関する正確な知識を普及するための措置を講じています。
 鶏肉製品への風評被害等、「○○県産の鶏肉・鶏卵は扱っていません」といった不適切な告知や、発生県産であることのみを理由とした取引拒否等が行われることがないように、ご配慮をいただきますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

《参考資料》
高病原性鳥インフルエンザの擬似患畜の確認により出荷等に影響を受ける畜産農家等への資金の円滑な融通及び既貸付金の償還猶予等について高病原性鳥インフルエンザの擬似患畜の確認により出荷等に影響を受ける畜産農家等への資金の円滑な融通及び既貸付金の償還猶予等について(農林水産省)