福岡県産地見学・商談交流会開催

 2017年3月9日(木)~3月10日(金)の2日間、福岡県にて(一社)日本フードサービス協会と共催で2016年度第3回目の産地商談交流会を実施しました。今回は福岡県の全面的協力により9ヵ所、19団体との視察・交流が行われ、外食・中食業界から42人が参加、そのうち協会会員企業からは4社7名が参加しました。

 協会では、中食産業と農畜水産業との取り組みを積極的に推進するため、定期的に農業現場や産地で交流会を実施しております。今年度最後となる産地見学・商談交流会は、福岡県農林水産部および福岡県農林水産関係者の全面協力にて開催。きのこやアスパラガス、博多蕾菜、ブロッコリー、マイクロ・ハーブなど農産物をはじめ、お酢工場、カワハギ、明太子など水産加工品現場を視察し、中食向けの新製品開発のヒントに繋がる良い機会となるべく福岡県下の意欲的な生産者および食品企業等との交流を図りました。

 

☆商談会の様子