2017年度第一回「明日の惣菜を語る会」を開催

 2017年10月4日(水)~5日(木)、愛知県にて、2017年度第一回『明日の惣菜を語る会(部会長:今里有利㈱今里食品代表取締役社長)』を開催しました。出席者は23名(+事務局3名)。

 今年度は「顧客も労働力も減少していく社会環境の変化の中で自社を維持成長させていくため、多様化するマーケットの中での自社の立ち位置を考え、すでに何を行っているのか、これから何をしていくのか」を3つのテーマに分け活動を行っております。

 今回はテーマのうちの一つである「人時生産性向上」を学ぶために異業種であるトヨタ自動車㈱様に訪問し、工場見学やディスカッションを行いました。参加者はトヨタの「人づくり」や生産管理、カイゼンについて積極的にディスカッションを行っていました。

 協会では、2003年より会員企業の若手経営者の勉強会・交流の場として、「自社の成長と将来の惣菜業界の発展のため」、惣菜企業の若手経営者による惣菜産業の有り方等の研究、調査、視察等を行い、将来の惣菜産業の発展に寄与することを目的に、「明日の惣菜を語る会」を開催しております。

 なお次回は1月17日に都内で講師を招いての勉強会を予定しています。

 

※明日の惣菜を語る会へのご参加を希望される方は、日本惣菜協会 村瀬(03-3263-0957)までご連絡ください。

 

<集合写真>