生産性向上国民運動推進協議会(第1回)で報告いたしました。

一般社団法人日本惣菜協会は5月24日、安倍晋三首相が開催した「第1回 生産性向上国民運動推進協議会」へ参加し、中食業界を代表して生産性向上の取り組みについて報告致しました。

 
出典:フジテレビ系(Fuji News Network)

 

協議会では安倍首相出席のもと飲食業分野と小売業分野の2つの業界についての報告が行われました。

飲食業分野の取組事例として惣菜製造業を代表し、会員企業の(株)みすずコーポレーション様の事例が発表されました。

詳細な作業分析によるムリ・ムラ・ムダの見える化をし労働生産性の33%向上したこと、品質不良の原因追究によって廃棄ロスが42%低減したことが報告されました。

続いて(株)みすずコーポレーション塚田裕一社長が実施事業者として「原料、製品の廃棄ロス低減や徹底した無駄の削減に取り組んだ結果大きな改善効果が生まれました。このノウハウを活かし、いっそうの改善に務めたい」と挨拶されました。

また、佐藤会長が業界団体を代表し、今後も生産性向上の取り組みを横展開し、さらに推進していくことについて宣言を行いました。

■生産性向上国民運動推進協議会の詳細は下記URLよりご確認ください。
内閣官房内閣広報室「生産性向上国民運動推進協議会」
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ichiokusoukatsuyaku/hatarakikata.html#koujou001

当日配布資料
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/pdf/20170524siryou.pdf