2016年度第二回「明日の惣菜を語る会」を開催

 2017年3月7日(火)~8日(水)、青森県において、2016年度第二回明日の惣菜を語る会を開催いたしました。出席社は18社(+オブザーバー3名)。株式会社合食様の八戸工場視察及び「10年後の我が社の在り方」をテーマにディスカッションを行いました。
 ディスカッションでは「人材について」「付加価値を生み出すには」といったテーマでの議論が特に白熱。人材については各社の採用や教育、有給取得率向上、離職率低減等についての取り組みの具体的な事例や方針が語られ、それがお互いの気付きやヒントとなっていた。
 工場視察前では生産計画の組み立て方や組み替え方、為替リスクの対策や原料調達についての課題などが話し合われた。

 協会では、2003年より会員企業の若手経営者の勉強会・交流の場として、「自社の成長と将来の惣菜業界の発展のため」、惣菜企業の若手経営者による惣菜産業の有り方等の研究、調査、視察等を行い、将来の惣菜産業の発展に寄与することを目的に、「明日の惣菜を語る会」を開催しております。

 

※明日の惣菜を語る会へのご参加を希望される方は、日本惣菜協会 村瀬(03-3263-0957)までご連絡ください。

 

<フォトレポート>


一日目:全体会


一日目:まとめ


二日目:工場視察前の全体会


二日目:分科会


集合写真