平成28年度第三回産地商談交流会(福岡県)開催のご案内

平成28年度第三回産地商談交流会(福岡県)開催のご案内

 

 協会では、中食・外食産業と農畜水産業との取組みを積極的に推進するため、定期的に農業現場や産地での交流会を実施しております。
今年度最後となる産地見学・商談交流会は、福岡県で下記のとおり開催します。

 福岡県は、温暖で適度な雨量に恵まれ、筑後川、遠賀川、矢部川をはじめとする河川沿いに広がる肥沃な平野から、筑紫山地、耳納山地などの山間地域まで、変化に富む西南暖地の立地と気候を生かし、多様な農林水産業が営まれています。また、「筑前海」、「豊前海」、「有明海」といった3つの海に囲まれるなど地理的にも大変恵まれた農林水産物の宝庫となっています。(平成26年の農林水産業産出額は2,549億円と全国で第14位)。

 また、いちごの「あまおう」や八女茶など数々のブランド品目を擁するとともに、近年では、県農林業総合試験場がラーメン用小麦「ラー麦」やイチジク「とよみつひめ」、ほとんど種が無い新品種の甘柿「秋王」を開発する等、特徴ある農林水産物を次々と生み出しています。

 福岡県下の意欲的な生産者及び食品企業等との商談交流会により、中食向けの新規開発のヒントに繋がる有意義な機会になることと存じます。
会員各社の仕入・商品開発担当者の皆様には、万障お繰り合わせの上、ご参加賜りますよう、お願い申し上げます。

 なお、今回の商談交流会は(一社)日本フードサービス協会、福岡県農林水産部及び福岡県農林水産関係者の全面協力により実施致します。
外食産業との交流の良い機会ともなりますので、ご参加をお待ち申し上げています。

ご出欠の締切りは2月17日(金)までとなっております。

その他お問合せは大隅・村瀬までお願い致します。
詳細は別紙添付資料をご確認下さい。

<参考資料>

平成28年度第三回産地商談交流会(福岡県)開催のご案内