高病原性鳥インフルエンザに関する正しい知識の普及等について

11月28日青森県下の家きん飼養農家において、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されました。新潟県においても同様に高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されました。現在両県においては、家きんへの本病のまん延を防ぐためにも、特定家畜伝染病防疫指針等に基づき、防疫措置が行われています。

家きんの肉又は卵の摂取により、鳥インフルエンザが人に感染することは世界的にも報告されておらず、食品安全委員会ホームページ(http://www.fsc.go.jp/)においても、本病に関する正確な知識を普及するための措置を講じています。

「○○県産の鶏肉・鶏卵は扱っていません」といった不適切な告知や、発生県産であることのみを理由とした取引拒否等が行われることがないように、ご配慮をいただきますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

<添付ファイル>

PDFアイコン高病原性鳥インフルエンザに関する正しい知識の普及等について

 

<参考サイト>
高病原性鳥インフルエンザについて(食品安全委員会HP)