「そうざい半製品」とは

2016年11月に「そうざい半製品」として販売された、加熱調理前の冷凍メンチカツを原因とする、腸管出血性大腸菌O-157による食中毒が発生しました。

「そうざい半製品」とは、「惣菜」に仕上げる加熱前の生に近い状態の加工品(ころもだけを付けたトンカツ・メンチカツ・コロッケや、加熱する前の餃子など)の総称で、冷蔵や冷凍の状態で流通・販売されています。簡単に出来立て惣菜がご家庭等で味わえるとして広く普及をしてきました。

今回の問題同様に「そうざい半製品」には生肉原料の未加熱品が多くあります。

「弁当及びそうざいの衛生規範」における未加熱品の規範は、「製品のうち、サラダ、生野菜等の未加熱処理のものは、検体1gにつき細菌数(生菌数)が100万以下であること。」とあり、この場合の未加熱品とは生野菜等を想定しており、生肉での喫食が無いことを前提としているため、「弁当及びそうざいの衛生規範」にも該当しない、生肉扱い同様の加工品となっています。

よって、生肉を原料とした「そうざい半製品」(生トンカツ・生メンチカツ・生ハンバーグ・生餃子等)は、店舗や家庭において、最終的な加熱調理が行われることを前提に販売されており、冷蔵・冷凍に関わらず肉類や鮮魚の生鮮食材と同様に調理に当っては十分な加熱が必要です。製品の中心まで十分な加熱(75℃・1分間以上)を行わないと、食中毒の原因になる細菌等が残存し、喫食により食中毒になる危険性があるので注意が必要です。

加熱調理方法等が表示されている場合は、表示された方法に従ってください。